« POPな色を遊ぶ | Main | JPB製パン技術講習会 »

July 06, 2004

本格ドイツパンを食べたい時には

黒パンといったら、わたしには黒砂糖の入った食パンのことだった昔。
初めてライ麦パンを食べたのはいつだったのだろう。
おそらく紀ノ国屋のパンで作ったサンドウィッチ、きっとOliveか何かを読んで、作ってみたのだと思う。
でも、よく覚えていない。

ベケライ・ダンケの杉山さんと初めてお会いしたのは講演の時だった。
次にお会いした時は、杉山さんが講師で、わたしはレーズンのパンの実技を目の前で拝見した。

レーズンのライ麦パンはしっかりしたクラストに守られ、その中は蒸しパンのような、ジューシーなフルーツケーキのような味わい。
何もつけなくても大丈夫、バターや杏のジャムと合わせれば、本当にフルーツケーキのようだ。


今日のピックアップ: 記事をUPしました。

|

« POPな色を遊ぶ | Main | JPB製パン技術講習会 »

All About日記」カテゴリの記事