« 幸せという感覚 | Main | 日本代表のパン屋さんに行く »

July 24, 2004

メッセージにお返事を

日記にたくさんのご感想やメッセージをいただきました。
どうもありがとうございます。

まずは「幸せな朝食」から。

◇くろこさん

会社が東京駅のそばなので、いつもお昼はポールのサンドイッチを食べながら
日記を読んで下さっているというくろこさんの幸せな朝食は、
週末に彼と食べるごはんとお味噌汁と玉子焼きなのだそう。

毎回そのメニューで、しかも卵焼きはよく失敗するのだけれど、
彼はいつもおいしいといって食べてくれます。
最近ようやく卵焼きが上手に焼けるようになってきて、
そんなときは二人で「おいしい!」といいあいながら食べます。
なので私の幸せの朝ごはんは、彼と一緒で、
かつ上手に卵焼きが焼けた朝です。


好きなひとと「おいしい!」と言いながら食べるもの!
それが世の中で一番おいしい食べものかもしれません。

◇half moonさん

朝食の思い出、ありがとうございました。
誰かと一緒に食べたことは、後から考えると
食べものよりもその時間が大切だったな、と思いますね。

◇noaさん

毎日の幸せ朝食はその時々の美味しいパンとインスタントだけど出来立てのカフェオレ、
ヨーグルトにフルーツ。パンはちょうどよくかりっと焼きたて、あったかい状態で食べたいので
いつも彼が席に着く頃を見計らって、トースターとにらめっこです。
特別な幸せの朝食大好きな南国のホテルや海外のカフェでの朝食。
川沿いのオープンカフェでのBUFFET、日本にはないような大きくて、
トップはカリカリのマフィンや、シリアル達、薄くて香ばしい食パンに手作りのジャム、
美味しいカフェオレやカプチーノ。考えただけでもすぐに行きたくなっちゃいます。


honey moonyな香りがしてきましたよ!
(勝手に言葉を作ってしまいました。)

外国の朝ごはんはどうしてあんなに印象的なのでしょう。
その印象のかけらをひとつでも、日常で再現できたらとても楽しいでしょうね。

◇ananさん

初めまして。いつも読んでいるだけだったのですが、
みなさんの素敵な朝食の話を聞いて、なんだか書き込んでみたくなりました。
私の朝食は、何年も同じ。9mmにスライスした全粒粉食パンに粒マスタードとチーズをのせてトースト。
チーズがとろけたら、前日から冷やしておいたレタスをたっぷりはさみます。
それとブラックコーヒーと酸味の強いプレーンヨーグルト。毎日食べてるのに飽きません。不思議・・・
こんな感じです。でもここでいろんなレシピを見て、そろそろ新しいものも取り入れてみようかな、
と思うこのごろです。感想というか、自分の話ですいません。これからも素敵な日記楽しみにしてます。


初めまして。ありがとうございます。
チーズも種類が決まっているのでしょうか。美味しそうですね。

「いつもの」という自分の定番は心落ち着く大切な何かですね。

その他のメッセージ。

◇ちょこたるるーとさん

オーナーとスタッフがうまく合っていて楽しく仕事している店は
その楽しさが料理にも、空間にも、ゲストの心にも伝染するのですね。

◇しなもんさん

「パンが美味しい店は料理も必ず美味しい」定説にご賛同ありがとうございます。
「が、パンの食べ過ぎてしまうこともある。」肝に銘じておきます。

◇嶋さん

Good Luck!

◇minekoさん

初めまして。メッセージをどうもありがとうございます。
各地のパン屋さんの店舗を路線検索できるようにしてほしいとのことですが
システムのことやメインテナンスを考えると残念ながら今のところ、ここでは難しいです。
でも機会があれば提案してみますね。
わたしは地図サイト、Map Fan Webや、Mapionなどを利用しています。
取材した店のINDEXのようなものは、もう少し記事が増えたら検討してみましょう。

皆さま、どうもありがとうございました。

|

« 幸せという感覚 | Main | 日本代表のパン屋さんに行く »

All About日記」カテゴリの記事