« August 2003 | Main | October 2003 »

September 2003

September 30, 2003

大きなかぼちゃと読書


昨日ラ・テール洋菓子店の前で撮った大きなかぼちゃと小さな頬髭犬達、そして昨晩の素朴なデザート。

最近いつも何かしらかぼちゃを料理している。
このごろのかぼちゃはいつでも粉をふいて栗みたいにぽくぽくした味になるので嬉しい。
大きなかぼちゃは大味だろうか。
飾り用でしょうね。

今日は書かなければいけない原稿があったのにはかどらなかった。
心地よい気候のせいで、そして次から次からいろいろなことを思いつくので、気もそぞろになってしまったからかも。
夜は諦めて読書に没頭。
一言一句大切に読みたい本をゆっくり。

|

September 29, 2003

アンティークショップのカフェ


三宿のアンティークショップGLOBEでお昼。
最近散歩以外一緒に外出していなかった豆頬髭犬たちも一緒に。

ヴォリュームのあるBLTサンドウィッチには豆の入ったサラダとカボチャのつめたいスープもついていました。
飲物はカフェオランジェ。(ショコラとオレンジのリキュール入りのコーヒー。)
甘い飲物が苦手なのに、どういうわけか今日は頼んでみたくなったのでした。
オレンジとショコラの組み合わせは好きなのです。

自分はこれしか駄目、と範囲を決めずに味の冒険をしてみようかな、とちょっと思っています。



今日のピックアップ: The GLOBE

|

September 28, 2003

★新情報メッセージをたくさんありがとうございます★


皆さま、ご感想メッセージをたくさんありがとうございます。
とても嬉しかったです。最初にお返事から。

◇もみじさん

「ホスピタリティ」読みました★読んでいて「そうそう!」と納得させられる内容でとっても勉強になりました。「かたちで人に接するのではなく心で接する」そういう内容がわかりやすい言葉で書かれていて目からうろこでした。人に接するお仕事というのは、よくも悪くもその人の生活に影響を与えるのですね。そして、まず自分の日々の生活を見直すことがホスピタリティ力を身につける第一歩だなと思いました。


本当に。あたりまえのことだとわかっていても実際にいつもそれをすることは難しかったりする。
ハートのある仕事をしたいものですね。

◇おーしゃんさん

いつも情報をありがとうございます。楽しみにしています。
私はコーヒーとパンが大好き。パン教室やコーヒーセミナーにも顔をだしてるくらいの(^^ゞ
商品名や値段をきちんとチェックできてないので、簡単な感想ですが送らせていただきます。

コーヒーの方からたどり着き行ってきましたお店その1
カフェバッハいってきました。(^_-)-☆お店の方が本当に親切で、カフェオレを自宅で飲むのにあうコーヒーをチョイスしてもらい、豆を買って帰りました。その時は、パンが自家製なの知らず食べてない^_^;もったいないことをしました。ケーキをいただきましたが絶品でした(^^)/~~~

清水さんの情報で行った店
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション
8月に行ってきました。6時ごろ行ったので、並ばないですぐに入れました。サービスはもちろん、パン絶品!バケットをテイクアウトしましたが、最高でした。友人とアラカルトを少しずつ食べたのですが全部おいしかったのです。特に南仏野菜のミルフィーユ、バジルソース(800円)は絶品でした。女の子同士でお酒も一杯ずつだったので2人で1万円ちょっとで大満足でした。

ブーランジェリ アンジェリックベベ
実は自宅からとても近いのですが、日ごろはほとんど地元にいない為、できた当初はなんでこんなところに、その周りとは雰囲気が違うパン屋があるのだろうと不思議に思っていました。(わざわざ来るにはかなりへんぴな場所ですよね)でも日中人の出入りも多く、にぎわっているので、一度試しにバケットを買ってみたら、えっつ?何でこんなおいしいパンがここに売ってるの?という衝撃!そして清水さんの記事でそんなすごい方がやっている店だと言うことを知ったのです。お店の開いている時間になかなか地元にいれないので、手に入れられないのが残念なのですが・・・。

清水さんの情報を参考に今度は職場から近い、ヴィロンに行きたいと思っています。今度はしっかり食べたものチェックしてきますね!


おーしゃんさん、たくさんの最新情報をどうもありがとうございます!

コーヒーセミナーはカフェバッハでも時々開催されているようですね。焼き菓子はわたしもいただきました。コーヒーとぴったり。紅茶のように口直しとしてでなく、一緒に完成される味わいを感じてほしいのだと言われていたのが印象的でした。

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションでは幸運で素敵な時間を過ごされたようで良かったです。南仏野菜のミルフィーユ、わたしもとても気に入りました。

ブーランジェリ アンジェリックベベ のバゲット良いでしょう?そう!そうなのです。何でこんな美味しいパンが、って。戸島シェフも素敵な方ですよ。

◇しなもんさん

MIHOKOさんもこの日は代官山にいらしたのですね。私は午前中コルドンブルーで単発の料理教室に出席していました。久しぶりに行った代官山。
初めて行った時はまだ駅舎が古くてとても風情のある改札だったのを覚えています。(よぉく考えるとなんと20年以上も前!)同潤会アパート跡地が代官山アドレスとなり、景色が変わってしまいましたね。ちょっと寂しかったです。
MIHOKOさんも同じ日に代官山にいらして同じように感じていらしたなんて偶然でちょっとびっくりです。


しなもんさんはこの日どんなお料理を作られたのでしょう。フレンチを習うなんて、素敵ですね。
昔の代官山駅はホームが電車より短くて、後部車両だと降りられなかったのでは?(笑)
景色も店も人通りもかなり変わってしまいましたね。昔行ったお店がほとんどないのはちょっと寂しいですが、カノビアーノみたいなお店は今だからこそある。そう思うと今もまた悪くないのかもしれません。

全部ご紹介できていないのですが今日はこのへんで。
皆さま、どうもありがとうございました。

サンドウィッチでも作ろうとパンをお皿に並べるも、そのままぼーっとしてしまった日。昨日が動の日なら今日は静の日。

|

美食と撮影と長い一日


今日は朝から恵比寿のカフェにて対談と撮影がありました。
内容は後日・・・。

写真を撮るのはいいけれど撮られるのは難しいといつも思います。
いつも芸能人を撮るカメラマンにしたら、緊張するわたしは撮りにくかったことでしょう。
でも、さすがプロの仕事。
すごい枚数になってしまった写真も、ひとはいろいろな表情をするものだなーと客観視すると面白かったのでした。

遅いお昼は皆でフカヒレの筑紫楼へ。
美味しい愉しみは少しずつ分散されて味わえると良いのだけれど、なかなかそうもいかないようです。
昨晩からどうしてか外でのご馳走続き。これはわたしには結構、珍しいことです。
本日最終の仕事の後で行った店では、湯葉と雲丹のごはんなど好きなものをいろいろ、そしてお酒を非常に美味しくいただきました。

パン屋さんに行ったり、犬の散歩もいつも通り。
3日間くらいに引き伸ばしたいような密度の日でした。

|

September 26, 2003

京野菜の美味しいリストランテ


代官山のリストランテ、カノビアーノで夫と食事。

香ばしく焼いた九条葱、あっさりとした加茂茄子のピューレ、あまいフルーツトマトなど、どのお皿も野菜の味が新しい感覚で楽しめました。

照明が落としてあったので料理の写真はありませんが、これは”パンとなにかいいもの”の日記なのでパンだけは載せましょう。

オリーブオイルと共に最初に運ばれてきたそのパンは、テーブルに着地して1秒後にはどこのベーカリーから来たものかわたしにはわかってしまったので、(これは結構珍しいこと。賭けでもしておけばよかった・・・!)
それに続くお皿がデザートになるまで、ずっと嬉しく思っていました。

それにしても代官山、今はもうすっかり見慣れない街です。
20年前にあったレストランの話で盛り上がって、寂しいような、大人になったような、そんな気分で歩きました。

今日のピックアップ: カノビアーノのシェフの料理本

|

September 25, 2003

美味しいラズベリージャム


ラズベリージャムはタルティーヌにすると嬉しいほど美しくぴったり合うジャムだと思う。
タルティーヌというのはここではバゲットのジャムトーストのこと。

わたしの好きなのは糖度40%くらいのもの。
成城石井のは450グラムも入っているから一瞬買うのをためらうけれど、この糖度だとヨーグルトに入れたり、いつのまにかなくなっている。

初めて外国・・・アメリカの田舎に異星人みたいに降り立った翌朝のことを今でもよく思い出す。
お世話になった家の子供が、庭でラズベリーを数粒摘んできてわたしの手のひらに乗せてくれたのだった。
酸っぱくて夏の朝の味がした。
あれが生まれて初めてのラズベリーだったかもしれない。

それとジャムは別ものなのだけれど、ラズベリーはかたちも色もちょっと濃厚な香りも好きだ。

今日のピックアップ: 成城石井

|

September 24, 2003

秋のクロックムッシュと葡萄の模様


ドライトマトを使ってよく作った夏のクロックムッシュ

それでは秋は?
秋は胡桃のパンで作ってみましょう。
カリっとしてトロリ。
今朝のこれはPAULの胡桃と無花果のパンです。

ヨーグルトには葡萄で花びらのような模様を作りました。

気持の良いお天気。世間は祭日。

どこにも出かける予定がないので、朝から洗濯を何度もして、いつもの仕事をして、そして窓のところで時々空を見上げながら本を読んで過ごしました。

今日のピックアップ: パンとコーヒーは夫婦のようなもの。カフェ・バッハの記事を書き上げました。

|

September 23, 2003

栗、そしてチェリーとラズベリーのパン


栗やベリーのパンにときめくことは多々ありますが大抵は味の想像がつきます。
でも、そんな風に思うのはまだ早かったのでした。

みずみずしいチェリーがたくさん入っているキルシュブロートと
ココアをまとってほの甘い、しっとりした栗粉のパン。
名前は覚えられなかったけれどカスターニエンよりも素朴でやさしいパンでした。

一年が過ぎても、はっとするような新しいテイストを感じさせてくれるお店です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いただいたご感想メッセージにお返事を。

◇ayunkoさん

こんにちわ。ここ2ヶ月くらい仕事が忙しくて、PCもさわれずくずれるように寝る生活でした。。。
久しぶりに清水さんWorldへやってきました。
パンを買う暇もなく、心さみしい今日この頃。ここはとっても和みますね。
”暇であること・・・”のページを読んで、肩の力がぬけていきました。大切な何かを思い出した気がします。
また明日からがんばろーっと。若さで♪(?)


こんにちは。Welcome♪(笑)
たぶん暇であるという幸せを読んでくださったのですね。ありがとうございます。わたしは結構あれで良い感じの魔法・・・暗示・・・にかかっています。
お忙しい毎日、ご自愛くださいね。


今日のピックアップ: JUCHHEIM DIE MEISTER 2003.9

|

September 22, 2003

モーニングブレッドパーティ


朝からパンのテイスティングパーティでも始めたような様子の一皿は、昨日のバタースコッチを愉しむためのセッティング。
クイックブレッドと一緒に盛り合わせたのは反対にゆっくり時間をかけたパン。これはとにかく大好きなバゲットです。

昨夜薄着で雨の中を豆頬髭犬たちと長時間散歩して風邪をひきそうな気がしたので、今朝になって用心して薬を飲んだら強い睡魔に襲われ、夢うつつでまどろむ日曜日になってしまいました。よく休めてよかったかも。
お昼は土鍋でショウガとたまごのお粥を作り、美味しく食べました。
風邪はひく前に美味しいものたちのおかげで消滅してしまったようです。

|

September 21, 2003

I+STYLERSがベーカリーになった日。


雑貨のえざわさんにI+STYLERS青山店での素敵なイベントのお誘いをいただいて、一緒に行ってきました。
I+STYLERSといえばわたしの大好きな店!なのでとても楽しみでした・・・(だからまたも雨になりました。ゴメンナサイ。)
6月22日の日記に書いたカレッタ汐留店は「本のある生活」がコンセプトで、書斎のように落ち着いた感じ。
今日行った青山本店は一軒家のようになっているけれど、最上階など青山界隈が見渡せるベッドルーム、テラスにジャグジー。思わずため息が出てしまいました。
今日ベーカリーになった4階も雨なのにどこまでもあかるい部屋。わたしがそこで一番気に入ったのはシンプルなドイツ製オーブンとバスルーム。いいなぁ・・・・。

イベントでは料理研究家の内田真美さんのバタースコッチとそれに合うパンやスコーンを愉しみました。
これは記事にしようと思います。
次々と焼きあがるクイックブレッドのほか、関口ベーカリーのパンもありました。主役のバタースコッチはえざわさんたちとのパンパーティの時も皆で奪い合うようにテイスティングした逸品だったのでした。

えざわさんはパンまわりの美味しくてとてもキュートなsomethingをいつも教えてくれます。

今日のピックアップ: BUTTER SCOTCH PLUS

|

September 20, 2003

パン通選手権2連覇チャンピオン


タイトルの通りのTVチャンピオン、その上さらに舌先味覚王にまでなったすごい彼女。
昨年末のベストパン2002の時、投票してくださった方の中でその名前を発見しておぉ!と思って思わず返信してしまったことがありました。
そんな彼女、内匠久子さんから久しぶりに美味しいメッセージをいただきました。

◇内匠久子さん

伊勢丹のパンのプロモーションコーナーのコラムを見ていて、最近デパートでのパンに関するイベント充実して来て、パン好きにはたまりません。
私は名古屋在住ですが、9月18日の松坂屋新南館のオープンにタイアップすべく、あらゆるデパートがイベント行ってるので、最近行きたい所だらけで、昨日は名鉄百貨店で行われているグルメなでしこに行ったら、東海3県のパン屋数軒やホテルのパンが沢山並んで居て、最終的には買ったパンで凄い状態でした。
老舗洋食屋マ・メゾンでは、カニクリーム、パン生地の中に洋食屋で作られたカニクリームが贅沢に入ってるー、帰ってトースターで温め直し食べるととろけるよう、揚げて有るカニコロよりあっさりしていて美味しい、名古屋観光ホテルのりんごのデニッシュは生のりんごをシロップ漬けにしたのが乗っていて、自家製カスタードと良くマッチしてました。緑区のくろわっさんではアップルパイ、サクサクしていてこれ又グット。まだまだ色々買いましたが切りが無いので、今日は松坂屋に行き、新南館と催事で行われて居るイタリア展の探索です。ああー胃袋もっと欲しいー。


内匠さん、メッセージありがとうございます。
今、デパート地下のパン屋さんは面白いですよね!いつも賑わっていて。誘客効果が高いからデパートも力を入れているのでしょう。数歩で名店めぐりができる催事は楽しいのでわたしも大好きです。
それにしてもチャンピオンの日常、垣間見せていただいたような気がします!
名古屋のデパートも面白そう。
良かったらまたおすすめパン情報など教えてくださいね。
ありがとうございました。

もうひとつメッセージをいただきました。

浅川さん

添加物。ちょうどユーザーの方とお話してたんですよぉ〜
チビタの好きなパンにも添加物が多量に使われてるらしい?と。
難しいですね〜添加物のないものを探すのもむずかしいし・・・


添加物の影響は子供のほうが大人より深刻ですから、ちいさなお子さんのいるお母さんは特に気になってしまうことだと思います。食の安全への信用が揺らいでいる時代・・・正しい情報を得ることが大事ですよね。そのために何ができるか、わたしも時々深く考えてしまいます。昨日の日記に書いたようなことを・・・。


今日は大好きな甲斐路を買いました。
これからしばらくのあいだ、パンと葡萄とチーズ(そして、できればワイン)など愉しみたいと思います。

|

September 19, 2003

秋の気配+まじめな添加物の話


夏に着そびれたノースリーブなど今頃出してきて着たりするものの、朝晩が涼しくて本当に心地良い季節。
果物やさんの店先にいろいろな種類の葡萄が並んでいるのが嬉しい。
もうすぐ無花果も終り。
そうしたら今度は葡萄を買おう。
豆頬髭犬たちも元気に散歩するようになってきた秋の日。

いただいたご感想メッセージにお返事を。

ほりきりさん

こんにちは。実はうちの近くに、溶岩窯のお店があるんです。
車がとめられないので、買ったことはないのですがおいしいと評判です。おすぎとピーコさんからいただいた観葉植物が飾ってあります。
もし・・・・ですよ。(遠いですが)清水さんいらっしゃる場合には声をかけてください〜。


新しいパン屋さん情報とお誘いありがとうございます。(爽やかな感じのパン屋さんですね。)ほりきりさんも、もし行く機会があったら感想を聞かせてください。楽しみにしています!

◇常盤さん

射手座さんのメールで「誰か私をとめて!」とありましたが、その気持ちよくわかります(笑)
美穂子さんの日記にもありましたけど、おいしそうなパンを見かけると「あれも、これも…」と食べきれないほどたくさん買ってしまって「冷凍庫にも入らない!」という羽目になることも(^^ゞ

無添加パンの講習会のお話。勉強になりました。
“添加物表示の義務がないということを、無添加という言葉に置き換えていることがある”とか“臭素酸カリウム(添加物)の自粛を解除しようとする動き(なぜならその添加物なくしては良質なパンが作れないからという理由)”とか。
パンを買うときに添加物のことをあまり気にしていなかったのですが、パンに限らず、食べ物を買う消費者の側がもっと勉強しないといけないのかな、と考えさせられました。ただ、あんまり勉強しすぎると食べるものがなくなりそうな気もしますけど(~_~;)難しい!


そうなのですよね。闇雲に怖がって自分のまわりだけ神経質になっても仕方ないのです。水や空気のことを考えたらきりがないし。でもそうした環境や別の食べ物との複合汚染ということを考えると、余計と思える不自然なものはできるだけ避けたいではないですか。
わたしたちにできることは、自分の口に入るものにもう少し関心を払うことなのだと思います。消費者がよく考えてみたら不自然なことに無頓着だったり、起こっている現実を知らないでいるということが一番怖いことだと思います。

添加物の話をするときはいつも慎重になります。
でも時々話すことが必要に思えます。
確かに短時間に大量に出来て値段も安い工業製品のパンは、今はどうしても添加物の力が必要となっているのかもしれません。
(良いとか悪いとかではなくて。)
でもこの仕事をしていて、さまざまな方のお話をお聞きして、添加物を使う以外の、それぞれの方法で、美味しいパンをできるだけ安くたくさん作ろうと試みられているパン屋さんたちの存在を知ってから、世の中は、思ったほど悪くないと思えるようになりました。そういうパン屋さんたちをこれからもレポートできたらと思います。

ちょっとカタイ話になってしまいましたが・・・。
時々わたしが記事やメールマガジンなどで書いていることを知らない方にもこの日記でお伝えできたらと思いました。

今日のピックアップ: 食パン、バゲット、フォカッチャ、ベーグル、菓子パン・・・無添加パン実技講習会

|

September 18, 2003

パンのプロモーションコーナー@新宿伊勢丹


先日、新宿伊勢丹で朝食用にいつものお気に入り、エディアールのパンドミを買って、さぁ帰ろうと思ったら少し離れた一角でPAULが出店していました。

そこは最近できたパンのプロモーションコーナーなのだそう。

人気パティシエの洋菓子を週替りで紹介するマ・パティスリーといい、伊勢丹の地下はいつも面白いコーナーや催事や名店で賑わっています。

PAULは10月14日まで。

なかなか行かれないパン屋さんとデパートの地下で初対面することもある。
次はどんなパン屋さんが入ることでしょう。ちょっと楽しみです。

さて、エディアールのパンドミ、(前にも書きましたが)朝のトースト用のお気に入り食パンのひとつです。
雑誌のパン特集などにはあまり載らないけれど、結構気に入っています。

今日のピックアップ: ワールドフランチャイズ フランスの老舗PAUL

|

September 17, 2003

チョコレートの入った小さなフランスパン


ビターなチョコレートの入ったフランスパンが好きです。
写真はベッカライブロートハイムのもので、中に美味しいチョコレートが入った小さなフランスパン。
それがすこし残っていたのでスライスしてつまみながらお昼の準備。
あまりお行儀がよくないけれど、キッチンでそんな風に気ままに過ごしている時間は結構楽しい。

いただいたご感想メッセージにお返事を。

浅川さん@バターナイフはバターのみ(笑)

月!きれい〜〜♪火星もきれいですね〜〜〜
みほこさんのは、夜中ですね〜〜私のやつと場所が違ってるぅ〜♪
ちょうど夜中、見に行ったとき、みほこさんの写真くらいできれいだった♪


同じ花火の音を聴いたり、同じ月を眺めたり。皆で共感することができて今年の夏の夜は楽しかったですね。
どうもありがとうございます。(お返事が遅くなってしまいました。)

◇常盤さん

先日、ユーハイムの秋のパンを買おうと思って、丸ビルに行ったのです!
でも、めぼしいパンはほとんど売り切れ(/_;)夕方に行くのでは遅いんですねー。
パンは残念でしたが、いいことも。丸ビルなんて高級なものしかないんだから、私には関係ないっとばかりに足を向けたことがなかったのですが、いざ行ってみるとなかなか楽しかったです。(ざっと見ただけですが)
美穂子さんのおかげで新たな楽しみがひとつできました。ありがとうございます(*^_^*)


売切れ?そうでしたか・・・秋のパンは限定数があるようですね。今度はお早めに。もし秋のこの時期を逃しても、もう少し早い時間にいらっしゃれば美味しいパンがたくさん待っていてくれるはずです。
丸ビルで楽しいもの見つけましたか。わたしもあまり上の階は行ったことがなく、お気に入りは丸の内仲通り。ウィンドウショッピングしながら歩いていると楽しく銀座まで行けてしまいます。

◇射手座さん

このあいだ自由が丘のお隣の田園調布へ出かけましたが、ケーキを買いに行ったラ・ビュット・ボワゼではついでにパンにも手が伸び、メゾンカイザーではパンだけでなく美味しそうなタルトに誘惑され・・・
両手に荷物をさげて、自分の意思の弱さにため息がでました。誰か私をとめて!


誰もそれを止めることはできないでしょう。(笑)
ラ・ビュット・ボワゼではパンも販売されているのですか。素敵そうですね。

◇もみじさん、nanaさん

先日わたしが書いた帽子とホスピタリティーの話へのメッセージありがとうございます。
偶然おふたりとも書いてくださった「お店の人の冷たい雰囲気を感じてがっかり」した話、共感しました。
そういうこと、悲しいけれどたまにありますよね。
マニュアルでなく、自分のココロでちょっと考えて行動したらきっとその冷たい雰囲気もとけるのに。
でもそれは、あたりまえのことでもEasy to say, hard to do.なのかも・・・・。

皆さま、どうもありがとうございました。

|

September 16, 2003

石窯のあるパン屋さん


今日は車で走っている時に、パン屋さんを見つけたのでちょっと立寄りました。
ラ・テール@三宿。
はったい粉やローズヒップや虎豆など、珍しいものを使ったパンが並んでいました。

新しいパン屋さんがあると寄ってしまいます。
でも買い過ぎて冷凍庫にパンを直行させるのを本当に申し訳ないと思う・・・
ので、気をつけなくてはなりません。またいつか行こうと思います。

通りを挟んで向かい側にパティスリーがありました。
写真はそこでいただいたもの。
魅力的なお菓子が描かれたパンフレットです。



今日のピックアップ: ラ・テール洋菓子店

|

September 15, 2003

自由が丘でお菓子屋さんのパン


店の前を通りかかって、
あ、素敵なお店、と思って入ったら、
patisserie Paris S'eveilleでした。

そこで、ここは確か・・・と、思い出しました。
美味しい情報をいくつかいただいていたことを。

漂っていたショコラの香りにうっとりしながらチョコレートクロワッサンを買いました。
これがとてもパリパリで美味でした!

わたしはお菓子屋さんではケーキを買うので、ヴィエノワズリに関して言えば結構食べる機会を逃してしまいます。

でも、モンサンクレールといい、自由が丘のお菓子屋さんでは逃してしまったらもったいないかも、と思ったのでした。


今日のピックアップ: デニッシュはいつ食べる?

|

September 14, 2003

帽子はどうされましたか?


お昼をいただいた和食屋さんのカウンター席を立って帰ろうとした時、
板前さんがわたしを呼び止めて、帽子はどうされましたか、と聞いてくださいました。

席に忘れたのではないかと思われたのでしょう。
わたしはショッピングバッグに入れていたのでそれを示し、その時感じました。
あの優しい空気を。
それは7日の日記やメルマガにも書いたあのホスピタリティ。

それから最近の外食の機会を次々思い出して、こういう自然な温かみのある店は
せいぜい2割くらいしかないのではないかと思ったのでした。
(○は意外にもスターバックスと時々行くラーメン屋さん。×はノーコメント。)

それと同時に我が身をも振り返る今日この頃です・・・・・。
店だけではなく、サーヴィスだけではなく。そして仕事に限らず。
他人を思いやる自然な動作が身についている人はスマートだなーと思います。

|

September 13, 2003

戦場のピアニスト


映画 『戦場のピアニスト』を観ました。
戦争という激流に飲み込まれると、わたしたちは全てを奪われ、ただそのまま流され、祈ることしかできなくなってしまうのかもしれません。

悲惨な場面ばかり2時間以上も続くのにも関わらず、引き込まれてしまった映画でした。
後半で、ピアニスト シュピルマンがドイツ人将校の前で弾くショパン、そして、手にしたライ麦パンとジャムが印象的でした。

ずっと音を出さないように隠れている生活で、それでも彼は時々指を動かし、頭でメロディを奏でていました。
久しぶりに弾くことができた、ほとばしるようなピアノの音色は、ストーリーの中のシュピルマン同様、映画を観ている者も待ち望まずにはいられなかったもの。激しい飢餓状態で手にしたライ麦パンとジャムもまた・・・。

現実の戦争中アメリカで開催されたアカデミー賞で、主演のエイドリアン・ブロディがしたスピーチは今も印象に残っています。

「あなたが信じる神がどんな名前であれ、神のご加護がありますように。
一刻も早く平和が訪れることを祈ります。」



今日のピックアップ: 戦場のピアニスト

|

September 12, 2003

食欲のない日には

あまりの残暑にぐったりしてしまう一日。

豆頬髭犬たちも、少しでも涼しい場所をみつけると、パタリと横倒れになってそのまま動きません。

そんな日は胡桃とレーズンのパンにKIRIのクリームチーズをちょっと乗せて、野菜は茹でたての南瓜やさやいんげん、そしてチェリートマトなど塩だけでいただけるものを添えます。
今日のお昼はこれにごま豆腐と無花果。

おかしな取り合わせ。(笑)
好きなものだけでもちゃんと食べなくては、と思って並べてみたら、味の甘い素材が多くなりました。

今日のピックアップ: パンと野菜を一皿で愉しむ

|

September 11, 2003

ジョージ・ジェンセン100周年プレイベント@デンマーク大使館


代官山のデンマーク大使公邸で行われたジョージ・ジェンセンの新作ジュエリー発表会に行ってきました。
ジョージ・ジェンセンは来年100周年を迎えるスカンジナビアンブランドです。

ここは以前勤めていた会社が施工した建物なので、興味がありました。
お誘いくださったホームメイドクッキングの黒田さんに心から感謝します。

わたしは銀のアクセサリーがとても好きです。

今日のコレクションの中でも特に素敵だと思ったのは、無駄を一切排除することによって最も表現したいデザインを際立たせたというLUNAのシリーズ。月の満ち欠けのさまざまな表情をかたちにした作品です。

そしてもうひとつは写真のCONTINUITYのシリーズ。「無限の愛」がテーマなのだそう。

コレクションを愉しんだ後はデンマーク料理のブッフェ。
残念ながらパンはなかったけれど、珍しい料理を美味しくいただきました。

ヤコブセンの椅子(たぶん・・・)、そしてさりげなく飾られた写真や骨董品、テーブルウェアなど、ジュエリー以外も小さな美術館に居るような気持で愉しむことができ、とても楽しい夜となりました。

今晩お会いできた皆さま、どうもありがとうございました。

今日のピックアップ: GEORG JENSEN

|

September 10, 2003

月と火星を愉しむ夜更け


月と火星が最も接近する夜。
8時半頃から何度も外へ出て眺めました。

月の下に小さく煌くのが火星です。
それを見つけることができたのが嬉しくて、何枚も写真を撮りました。

夜間モードでも撮ってみようとシャッター速度を遅くした方は、少しブレてしまいましたが。
今夜の月は世の中の多くの人の被写体になっていることでしょう。

それにしてもあかるい月夜です。

いただいたメッセージにお返事を書きます。

◇あきとまさん

ユーハイム(丸ビル)の秋の新作パンとても美味しそうですね。特に栗とさつま芋のデニッシュに目を奪われました。今すぐ行きたい!!7月に行った時は生のいちじくのデニッシュがあり、迷わず購入。志賀さんプロデュースだからか、赤坂ペルティエと通じるパンが多いですが、微妙に違うんですよね。
仕事が休みの平日はパン屋めぐりをしますが、先日下北沢のアンゼリカに初来店。しっかりとヴォリュームのあるパン生地に包まれたカレーパン。おいしかったです。ウクライナ風トマトピロシキもさっぱりとしていて、うまい!!


あの美しい無花果のデニッシュ!
わたしも心を奪われましたが、食べる機会を逃しました。(笑)
ユーハイムの中にもフランスがあり、ドイツがあり、でも本当はそのどちらでもない、新しい日本があるように思います。そこにとても惹かれています。

アンゼリカのカレーパン・・・。昔、買って帰った夜に、いつ食べたら?と思って、迷わずごはんのおかずの一品にしてしまいました。カレーコロッケみたいに!(アンゼリカさん、変な食べ方をしてごめんなさい。)でも美味しかった。
次に訪れた時は歩きながら食べました。(その食べ方は正解だったと思います。)

浅川さん

わぁ〜〜〜きれいなデザート♪
(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪たべたぁ〜〜〜〜い☆★☆


バターナイフで?(殴)
月の綺麗な写真、拝見しました。ありがとうございました。

◇Emiさん

このパフェは、タカノのですか?最近、近所のデパートに出店されて、フルーツ好きの私としては、もう大興奮です!!!今は梨もおいしいですよね。無花果、桃が終わったのは残念ですが、モンブランのおいしい季節だし・・・。おいしい話って尽きませんね。

そう。新宿高野さんのデザートです。いつもフルーツいっぱいで魅力的なのですよね。無花果もうそろそろ終りなのでしょうか。今日買ってきました。

皆さま、ありがとうございました。

|

September 09, 2003

「月の輝く夜に」そして秋果パフェ


夜中に仕事場の窓を開けて外を見たら、綺麗な明るい月が見えた。
コンタクトレンズをはずしてしまっているので、ぼやけているのが悔しかった。

そういえば、「月の輝く夜に」という映画があって好きだったことを思い出した。
あの映画を観た時は、ニコラスケイジをニコラスケイジと思わずに観たような気がする。
彼は確か、リトルイタリーでパンを焼いていたのではなかったっけ?

今晩のデザートは秋の果物のパフェ。

|

September 08, 2003

ホスピタリティ


8月28日に講演をされた力石寛夫さんの本、
「ホスピタリティ」を読みました。
あたりまえのことをあたりまえにすること、
時間とお金で解決できないハートの部分を大切にすること。
ホテルやレストランのサーヴィスにとどまらず、
仕事とか、生きていく上で大切なこと、
そしてあたりまえなことでありながら、
この世の中でなかなか実践されていないことを再認識しました。

講演・・・。
この本を読んで、力石さんの流暢で美しい口調がわたしの耳に蘇ってきました。
今年の夏は講演をする、そして拝聴する機会に恵まれ、大変勉強になりました。

|

September 07, 2003

壮大でわがままな夢


昨日新宿高島屋ジェラール・ミュロで買ったバゲット(トラディショネル)。
新宿のデパートの地下で自分の好きな感じのバゲットを探すのはひと苦労。

わたしが好きなものやお気に入りのことについて毎日あちこちで書く理由のひとつは、結構自分勝手で大きな夢に繋がっています。
それは、ここで小さい声で書いていることが、共感やいい思いつきを呼んで実現したりすること。
即ち、世の中がmy favoritesで一杯になることです!(笑)
だからせっせと毎日、世界中に向けてお気に入りを発信しているのです。

そう・・・たとえば、こんな感じのバゲットが手軽に買いたいのですというような。


皆さまからたくさんご感想メッセージをいただきました。ありがとうございます。
それではお返事を書きます。

◇noaさん

いつも楽しく読ませていただいています。私もマフィンが大好き!好きになったのはオーストラリアに住んでいた時から。カフェには必ずといっていいくらいどこでもマフィンがおいてありました。甘いのも健康志向のも、チーズ入りなど食事向きなのも色々ありました。でも店によってふわふわ度、外側のカリカリ度、大きさも違うので自分で一番のお気に入りの味を目指してしょっちゅうマフィン作りしていました。日本に帰ってからは作っていなかったのですがそろそろ涼しくなってきたのでまたマフィン作り始めようかと思っています。美穂子さんのマフィン好きについ、私も!と言いたくなり、メールさせていただきました。

noaさんのマフィンはオーストラリア仕込みのマフィンですね。
いろいろ食べてみて何度も作られたスペシャリテって素敵です!
外国で美味しかったものを日本で再現しようとすると、素材、オーブン、それとも気候でしょうか、何か違ってしまうような気がして、それは何故なのだろうなーと思います。
その違いには、想いや記憶など精神的なものも影響するのかもしれません。

◇nanaさん

私はブルーベリーが大好きで、マフィンやベーグルを買うときはついついブルーベリー入りを手にとってしまいます。
あ、日曜日、渋谷に行くのでVIRONに寄ろうと思ってます。渋谷は去年までは毎週のように飲みにいってましたが、最近はすっかりご無沙汰です。あの人ごみにクラクラで・・・だからまだVIRON未体験なのです。楽しみ☆


ブルーベリーは色が生地に滲み出て、本当にインクみたいに綺麗なブルーなのではっとしてしまうことがありますね。
わたしも渋谷駅前の人ごみは、どういうわけか昔からまったく慣れることができません。
nanaさん、美味しい、良い週末を!

◇ハイジゆきさん

写真のマフィンは、清水さんのお手製でしょうか。ふっくらと、見るからに美味しそうですね。
ニューヨークのマフィン!早朝から営業しているワゴン(屋台?)でブルーベリーマフィンを朝食用に買い、まだ早いマンハッタンの街中を、マフィン片手にぷらぷらと散策した記憶があります。
とても大きくて食べきれないかなと思いつつ、全部たいらげてしまっていました。清水さんのイラストを拝見し、あぁそうそう、こんな感じだったなぁと、懐かしく思い出しました。


写真のはアフタヌーンティーのものです。(わたしのオーブンは残暑のため休業中です)
マンハッタンのホームメイドなマフィンは、どうしてたいらげられるのでしょうね。いっぱい歩くから?あまり甘くなくて、食事パンならぬ食事マフィン的だから?粉や素材の雑味、ナチュラルで大雑把な感じが?・・・・マフィン道も奥が深そうです。

◇にゃあすさん

はじめまして。メルマガの愛読者です。
バッハコ−ヒ−、懐かしくて思わずHPチェックしました。
職場の以前いた部署で、田口さんをはじめバッハコ−ヒ−の皆様に大変お世話になったのです。
バッハのコ−ヒ−との出会いを契機に、すっかり自家焙煎のコ−ヒ−、しかもブラックで飲むようになりました。私の朝は、おいしいパンとコーヒーが定番になりました。もう10年くらいご無沙汰ですが、今度訪ねてみようかな。


にゃあすさん、はじめまして。メルマガご愛読、ありがとうございます。
懐かしい店と文中で再会されましたか。良かったです。
バッハコーヒーの方々は皆とても親切で、そしてコーヒーへの愛情に溢れていますね。
わたしも最近、コーヒーの朝が続いています。

◇miniraさん

MIHOKOさんお久しぶりです。
私がパンにハマるようになって(?)しまったのはくるみレーズンのパンを食べてからだったと思います。(あいまいな言い方ですが・・・)特にハードなパン生地のものが大好き!パン屋さんに行くときはまずくるみレーズンのハードパンを買ってしまいます。もう習慣ですね〜
くるみレーズンのパンはハード生地のものが多い気がしませんか?胡桃だけ、レーズンだけだったらソフトなものもたくさんあるけれど、主張が強い分(?)生地もしっかりしていないと負けてしまうということかしら・・・?なんて、ふと思ってしまいました。
これからもきっと買い続けてしまうだろうな。


胡桃とレーズンのパンは、何もつけなくても自然なあまさとコクがあって味わい深く、バターやチーズ、甘いものをつけても馴染んで、時間が経ってもしっとりと適度な湿度を保っているように思います。そしてもっと時間が経ってしまったらラスクにしても美味しい。そんなオールマイティさが定番人気の理由なのでしょうね。


今日のピックアップ: ★パンのメールマガジンは毎週末発行しています★

|

September 06, 2003

レーズンと胡桃は出会いもの。


日常のパンというのは、家とか会社のそばで毎日通る場所にお気に入りの店があって
そこで買うことができるのが望ましい。
でもなかなかそういうわけにもいかなくて、スーパーマーケットで袋入りのパンを買うことも。
前にも書いたかもしれないけれど、面白いのは、美味しいパンを研究しているのかも、
と思われるスーパーにセレクトされたパン達。

これもそのひとつ、横浜のサンドリヨンのパン。 
今朝はほのかに甘いライ麦酵母のパンで、レーズンと胡桃がぎっしり入ったもの。
こういうのを朝からしっかり食べると一日が良い感じで始まる気がするのです・・・。

|

September 05, 2003

マフィン


朝食に菓子パンみたいなものを食べるとしたら、
わたしは断然、おいしいマフィンを選びたい。

マフィンが好きで犬にまでマフィンと名づけてしまった。
でも、犬のマフィンと暮らすようになってから
もう前のように美味しいマフィンを買いに
NYへ行くことはなくなってしまった。

今日のピックアップ: もう5年も前に描いたマフィン・・・

|

September 04, 2003

栗、さつまいも、無花果・・・秋の香りのするパン達


果物やさんの店先に葡萄や栗が並び始めました。
今年も栗の渋皮煮をたくさん作ろうと思います。

パン屋さんにも秋をイメージしたパンが並び始めました。
よく焼けて深いブラウンになったクラスト、栗やさつまいも、そして夏の太陽の恵みがぎゅっと詰まったようなフルーツのパンは、パーティなどでも注目を集めそうです。

秋の新作パンの記事UPしました。
デニッシュはいつ食べる?の投票も開始しています。

いただいたご感想メッセージにお返事を。

◇ゆばさん

はじめまして。Fireking cafeの日の日記を読み、思わず筆(?)をとりました。
仕事場が近いので私もよくランチに利用しています。高い天井と贅沢な椅子で落ち着く空間ですよね。思わず時間を忘れてくつろぎすぎることもしばしばです。会社の人たちに教えたら、大好評でした。
代々木上原といえば、ガード下の書店の前の坂をのぼった右手にパン屋さんが最近(といっても半年はたっているのでしょうか?)できましたよね。(名前を忘れてしまいました。。)まだ一度だけしか利用してないのですが、ハード系のパンが充実していたような。それでいて地元に密着した雰囲気のお店だと思いました。

というわけで、お仕事がお忙しい中、このサイトの記事を書かれている美穂子さんには脱帽しきり。
パン好きにはとっても頼りになるサイトです!体に気をつけて、これからもがんばって下さい。


ゆばさん、はじめまして。メッセージありがとうございます。
Fireking cafeは夜もまたムードがあって素敵そうですね。
上原のパン屋さんて、早朝から開いているあのお店かな。いつか行ってみようと思います。

◇nanaさん

Mihokoさんこんにちは。いつもおいしそーなパンのPhotoに見とれてます☆
前世占い、やってみましたよ〜私は“百姓”だったのですが(^^;)
カレとの相性が97%で、単純にも大喜び!なんて単純なんでしょ(笑)
週末、鎌倉のとあるダイニングバーの屋上でバーベキューをしたのですが、八ヶ岳みやげのパンを軽くあぶってカマンベールチーズをのせ、赤ワインと一緒に・・・というのがなんともおいしくて、メインのお肉そっちのけでパンばかり食べてました。


nanaさん、ウキウキの相性診断結果オメデトウございます。
カレの前世は何だったのでしょう。
屋上でパンとチーズとワイン!素敵ですね。
いいなー。良い夏の思い出になったことでしょうね。

皆さま、ありがとうございました。


今日のピックアップ: ユーハイム・ディー・マイスター秋の新作

|

September 03, 2003

シナモンシュガーの渦巻き+前世占い


アフタヌーンティーの渦巻きのパンはシナモンシュガーがかけられていて、ラスクのような食感。スターバックスのエスプレッソフラペチーノと合わせていただきました。

ところでこみやまさんが紹介されて皆さんの間で話題になっていた、よく当たるらしい前世占い
わたしもやってみてびっくり!

第一印象では穏やかでやさしいと思われやすいけれど
実は好き嫌いという直感的で生理的な価値判断を大切にする人、という性格など
あたっていると思われることがいくつも。
まあ、前世が「姫」というのはともかくとして。(笑)

普段占いなんてまったくしないのですが、結構面白いものですね。

|

September 02, 2003

ほどよく緊張する


コーヒーでもお茶でも、いつもより上質なものをさあ淹れよう、という時には、ほどよく緊張するものだ。注意深く、お湯の温度具合、カップなどに気を配ってみたりして。

お店もそうだと思う。姿勢を正して踏み込むようなお店には、教えてもらうことが多い。時々そういう緊張も必要だと思う。

いただいたご感想メッセージにお返事を。

◇みくさん

最近、自分のコーヒーの好みをきちんと言えるようにいろいろ修行中(?)です。バッハさんには行ってみたかったのですが、MIHOKOさんのDIARYに背中を押されて早速行ってみました。きっかけをありがとうございます。
土曜日のせいか、とても賑わっていました。モカの味は私の探しているのとはちょっと違ったけど、また他のを試してみたいです。パンも買ってみたいし・・
道すがら2人のおじさんに声をかけられてびっくりしました。


コーヒーも奥が深いですね。今、バッハブレンドというのをのみながら書いています。(2000年の沖縄サミットで世界の要人たちをもてなしたという・・・。)
わたしはあまり詳しくないですが、好みは深煎りです。
2人のおじさん?(笑)ちょっとコワい町ですよ、と冗談を言われていたのをお聞きしてはいましたが。

◇眉間しわ子さん

はーい。バッハ、行った事があります。そしてトーストをいただきました。コーヒーも香り豊かで、トーストもとてもおいしかったし、なにより店員の方の接客態度が、まさに”接客の鑑”というほど素晴らしかった記憶があります。しかーし!お店のお客さんはほとんど地元の常連の方々、つまりかなり年齢層が上なのです。私(当時28歳くらいでした)はちょっと場違いな所に来てしまった気がして、そそくさと出てしまいました。ケーキもとてもおいしそうでしたよ。どなたか召し上がったかた、いらっしゃいますか?

コーヒーとトースト。最近、外でその組み合わせの注文をしていませんでした。
自家焙煎のコーヒーで自家製のパンなんて、そんなお店なかなかありませんよね。
その姿勢を正して入りたいようなすこし重厚な雰囲気も・・・。行ってみなくては。
焼き菓子はシンプルで美味でした。とてもコーヒーに合いました。

◇りんごさん

珈琲屋バッハ、知ってます。家から近いので、よく珈琲を飲みに(そして豆を買いに)行くのです。
あちらのイギリスパン、いつ行っても予約でいっぱいで買えないのでちょっと羨ましいです・・・。


りんごさんで3人目。皆さんご存知だったのですね。呼びかけてよかった。予約するイギリスパン、わたしもいただいてみたいです。(下の写真はブリオッシュなのですよ。)

◇さるさん

お仕事おつかれさまです。
(ご感想コピーはナシでしたね。でもちょっとだけいいですか。)

「人間ですもの。苦手なものがあっても仕方ないや」と開き直ってうはは。って笑う。

さるさん、わたしもそんなふうに頑張ろうと思います。ありがとうございます。
今晩の鶏カレーは美味しくできたでしょうか。

皆さま、メッセージをありがとうございました。

|

September 01, 2003

良いものは良いもの。


経理の仕事がかなりたまっていたので、渋々着手する日曜日の長い午前中。
(わたしはこれでも取締役経理部長で、営業も広報も兼任している・・・
・・・大袈裟に言うと、ですが。)

楽しくなさそうに仕事してはいけないと思う。
でもやはりちっとも楽しくないので、午後は自分のための買物に行こうと決めて黙々と進める。

気分一新、午後は代々木上原のFireking cafeへ。
ここはOPENしてもうだいぶ経つけれど、一度も行っていませんでした。

棚一面に綺麗に揃ったFireking(アメリカのうつくしいグリーンの食器。)の
コレクション。
ナシゴレンなどアジアンテイストのお料理。
ミース・ファン・デル・ローエやコルビジェの(だと思う)心地良い椅子。
かなり不思議なミクスチュア感覚のカフェでした。

でも、気持ち良かった。
時空を超えても、良いものは良いもの。
そう感じるものたちを集めて作った店なのだろうな。

わたしはそういうのを良いと思う。
自分もまた、好きなものに忠実でいようと思う。これからもずっと・・・。
というわけで、今日の短い午後は青山のお気に入りショップで過ごしたのでした。

|

« August 2003 | Main | October 2003 »