« July 2003 | Main | September 2003 »

August 2003

August 31, 2003

ミニチュアサイズのバゲット


この日記を始めた頃、どれもこれもが大きなサイズというdbベーカリーのことを書きましたが、あのパンは本当に美味しそうだったなーと、今でも思っています。
それと同じくらいこんがり焼け、クープが美しく立っているこのパンはプチバゲット。
それはバターナイフのサイズだから、遊んでいるみたい、とも思うのだけれどやはり魅力的です。
タイユバンロブションの料理にもこんな感じのパンがついてきたのを思い出します。



今日のピックアップ: このプチバゲットはポワンタージュ

|

August 30, 2003

2階でパンを焼く、東京の下町の珈琲屋さん


世界中のコーヒー文化を視察し、国によってパンとコーヒーの関係がある、とおっしゃられていたバッハコーヒーの田口さんご夫婦はかなり素敵だ。

昨日のおみやげに店の2階で毎日作られるパンから、ブリオッシュをいただいた。
このパンはちなみに中煎りのパナマ、ザンビア、モカ・マタリ、ハワイ・コナと相性が良いそうです。

2階でパンを焼く、東京の下町の珈琲屋さん、バッハに行かれたことのある方はいらっしゃいますか。

今日のピックアップ: カフェ・バッハ ウェブサイト

|

August 29, 2003

お気に入りバゲットが焼けるのを待ってから東京アメリカンクラブへ


日本パン菓新聞社主催の夏季研修会と交流懇親会に出席しました。
場所は麻布台の東京アメリカンクラブ
バッハ・コーヒー 田口護氏による「パンとコーヒーの相性学」と、トーマスアンドチカライシ株式会社 力石寛夫氏による「ホスピタリティ」、そして元農林水産大臣中川昭一代議士による時局講演を拝聴しました。

写真は研修前に立ち寄ったポワンタージュのランチ。
お気に入りのレトロバゲットが焼けるまでの間、サンドウィッチを食べて待つ、なんてかなりハッピーな状況です。
シェフの中川さんと久しぶりにお会いできました。いつもならお昼までには並ぶレトロバゲットも、今日はDEAN&DELUCAのパンを焼く日なのでちょっと押しているとのこと。でもどうしてもそれを買って帰ろうと思っていたので待つこと暫し。窯から出たてでパチパチ言っているようなバゲットを手に、急いでタクシーに飛び乗ったのは言うまでもありません。(中川さん、十分間に合いました。ありがとうございました。)

研修ではVIRONの西川さんと同席させていただきました。

講演のレポートは後日またメルマガなどでゆっくりお伝えできたらと思っています。
日本パン菓新聞社の皆さま、お会いできた皆さま、今日はどうもありがとうございました。



今日のピックアップ: 東京アメリカンクラブ

|

August 28, 2003

夏の終わりのにぎやかな一皿+デニッシュの話


もう夏も終わりですが、鮮やかな夏野菜を使ったワンプレートランチの記事をUPしました。
白いお皿をパレットに見立てて、色とりどりの絵の具のように野菜を並べます。
味付けはほとんど塩のみのシンプルさにしてみました。
好みや習慣に応じてアレンジしていただけたらと思っています。

いただいたご感想メッセージにお返事を。

◇しなもんさん

このデニッシュは「パン時館」のものなんですね!主人の両親が伊東に住んでおり、帰ったときはここに買いに行きます。10年ほど前に東京から移り住んだ両親は「伊豆には美味しいパン屋さんが無い。」とよく嘆いており、遊びに行くときはいつもお土産にパンを持っていってました。でもここがオープンしてからはその必要もなくなり、逆に私たちが買ってかえるくらい。ひとつだけ難点は車でないと買いにいけないこと。父が病気で車の運転ができなくなってしまったので母は私たちが行くと、「パン屋さん行く?」とたずねます。ハード系のパンもデニッシュ、おやつ系のパンも美味しいバランスのとれた地方では珍しいパン屋さんだと思います。

地元の人気店なのですね。わたしは昔リンクさせていただいたことで名前だけ覚えていました。しなもんさんのおっしゃるとおり、いろいろなパンが揃っていて、素敵なパン屋さんでした。遠い場所でも、その近くに行く時に必ず寄るパン屋さんの存在というのは良いものですね。お父様、お大事になさってください。

◇射手座さん

ある夏の週末、とても早くに目が覚めていつもならもう1度眠るのに、そのまま起きて代々木八幡のイエンセンへパンを買いに行ったことがあります。その日の朝食はもちろん出来たてのペストリー!
なぜあの朝そんな勢いがあったのかいまだに謎です(笑)


そういう勢いの朝ってありますね!特に旅先の朝などはそうなのですが・・・
でないと、わたしはなかなか朝パンを買いに行くことはないかもしれません。
イエンセンのデニッシュ、美味しいですね。
初めて食べたのは、すぐ近くに住む友人の家でした。
サクサクサクサク・・・・お皿にこぼれたデニッシュの繊細な破片をつまみながら、ずっとお喋りしていたことを思い出しました。

デニッシュはやはり、最高に美味しいのを、数時間以内に食べたいものです!

今日のピックアップ: パンを愉しむ夏野菜プレート

|

August 27, 2003

嬉しいメッセージ


キリクリームチーズコンクールでベーカリー部門賞を受賞された根本さんからメッセージをいただきました。

◇東京製菓学校 根本将博さん

クリームチーズコンテストのときはお世話になりました。
時々インターネットカフェで記事を見させていただいていました。
昨日から夜間の授業が始まり、学生から清水さんの記事を見て自分が受賞したのを知ったらしく、お祝いの言葉をたくさんいただきました。
かなりの人が見ているんですね。びっくりです!!
9月1日から昼間の授業が始まります。昼間の学生にも清水さんのサイト見ている生徒がいると思います。見てない生徒には薦めてみたいと思います。
自宅でネットが出来ない自分が恥ずかしいですが。。。
また機会があればお会いして、ゆっくりお話がしたいですね。それではまた。


根本さん、ありがとうございます。
そしてもう一度・・・受賞おめでとうございます!
生徒さんたちもさぞ喜ばれたことでしょう。
パン屋さんではない根本さんのパンをいただけるのは、限られた人のみ・・・だとするとあの試食は貴重な機会になりました。
いつか是非またお話を聞かせてください。
これからも皆さんのお役に立てるような情報をたくさん集めていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

今日のピックアップ: キリクリームチーズコンクール【ベーカリー部門】

|

August 26, 2003

デニッシュの食べ時


デニッシュはいつ食べたら良いでしょう?
時々いろいろな方に質問しています。

朝が一番なのでしょうけれども、朝、作りたてのデニッシュを入手することは結構難しいかもしれない。

夏は冷凍しても美味しいですよ、と教えてくださったのは
ブーランジュ ラ ルヴュールさんでした。

写真は旅の帰路にみつけた「パン時館」さんで買ったモーンデニッシュ。
ドライブランチの一品になりました。
(なんと偶然にも以前メールをいただいていたパン屋さんであったことをお店の前で思い出しました!)

|

白いごはんの朝食


昨晩の一品、金目鯛の煮付け。
朝獲れたばかりの魚だそうで、本当に美味しかった。
他に梅肉でいただく鱸のお刺身や茄子の煮浸しなど、日本の晩ごはん!

そして白いごはんで始まる朝。
最後にお米の朝食を食べたのは何時だった?・・・結局思い出せなかった。

食堂とそこを流れる音楽など、カントリースタイルなパンケーキでも焼いてしまいそうな雰囲気なのですが、地元の家庭料理という演出が意表をついていて、そのこだわりの感じがとても良かったのでした。

時にはパンよりも素敵なごはんの朝食もあるのです。

|

August 25, 2003

東京脱出


昨日は研修が終わってから夕食の買物をして帰り、作って食べ、深夜まで仕事・・・と休むまもなく、今朝になってぱっと荷物をまとめて週末の旅へ!
余裕がなかったのもあるけれど、意識的に楽しみにしなかった結果、素晴らしい快晴となりました。(前にも書きましたが、わたしがとても楽しみにすると、必ずと言って良いほど雨になるのです。)

もしかして、こんな風に運命と思っていたものも意識的に変えられる・・・・?

週明けまでにしなくてはならない仕事があるので、今回はさらに「らしくなく」バッグをひとつ余計に持って行ってしまうあたりが夏休みの宿題に追われる子供のようでしたが、とりあえず、楽しい週末となりました。

海沿いの渋滞を抜け、東京だけでなく関東も脱出して辿り着いたのは湖のほとり。
散歩の後、夕食までそのままぐっすり気を失うような眠り。
その深さといったら!!
何もしないでただ椅子に座っていたり、そこら辺を歩くだけの旅は、結構贅沢かもしれません。

今日は皆さまからいただいたご感想メッセージにお返事を。

◇涼ちゃん

今日、私のパン教室の先生がJ-WAVEに出演なさいました。すごくやさしく、良いお話で、こんな素敵な先生にパンを焼く楽しさと、喜びを教えて頂いているんだと、さらなる感動、とても幸せな気分になりました。
これも、美穂子さんの取材記事をいち早く読んで、ブレッド・オン・ブレッドを知ることが出来たお陰です。先生にクラスの時、清水さんの事話しましたら、清水さんの事とても素敵な女性とおっしゃっていましたよー
これからも頑張ってパンの素晴らしさを私達に教えて下さい、これからも楽しみにしています。


Bread on BreadのKayo先生が出演されたのですか。
聴くことができずに残念!でも教えてくださってありがとうございます。
わたしもKayo先生のように、楽しみながら大好きなことを極めてゆけたらと思います。共感して下さる方のパワーもいただきながら。
涼ちゃんはレギュラーのクラスを受講されているのですか。先生によろしくお伝えください。そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

ひらたさん@中国茶

ええっと、緑茶ベースのジャスミン茶は、緑茶のカフェインが落ちていない限り、催眠効果は期待できず、また、ジャスミンの香りもアロマ効果によるリラックスは誘発しますが、気の活性化をもたらし、抑うつ効果があるものなのです。ですから、気持ちを落ち着かせるという効果は、あまり期待できないかもしれませんね。むしろ、カモミールなどのハーブティーの方が効果的かもしれません。

ひらたさん、ありがとうございます。そうでしたか。だからお茶酔いのようになったのかも。その後買ったMoli Lizhiは、とても気に入っているのですけれども、これはシャキッとしたい時にのむことにしましょう。

◇Emiさん

黒蜜って独特のおいしさがありますよね。私は、抹茶ベーグルに垂らして食べるのが大好きです。

和の取り合わせですね。あとはきなことも合いますよね。いろいろと愉しんでみたいと思います。

浅川さん

えぇ?!長生きって?!うぅ〜ん・・・写真見た限りじゃ〜
あたしより、うーーーーんと!下だと思っているのだけど・・・・
思わずプロフィールに年齢あるか見ちゃった(笑)


学校を卒業してから年をあまり意識していないので、時々自分でも驚きます。隠してはいないのですが、わたしが長生きと言うと、えーっ!とリアクションされることが多く(それが良くも悪くもちょっと恥ずかしいので☆)内緒にしようかなと・・・。(笑)

◇ハリネズミ好きなむらた!さん

キャー!小さくってよくわかんなーい!(苦笑)でも、来月からなのですね。
来月は誕生日もあるし、健太との13周年記念日もあるんで思い切って東京まで買いに行くかな〜?


記念日のかわいいお祝いになりそうですね。


メッセージを下さった皆さま、どうもありがとうございました。

|

August 24, 2003

無添加パン実技講習会


日本製粉の技術センターで行われた製パン実技講習会に出席してまいりました。
主催は全日本丸十パン商工業協同組合。
全国から70〜80名のパン職人さんや製パンに興味を持つ人々が集まりました。

以前もこうした製パン実技講習会に参加したことが何度かあったのですが、今回は製粉会社の技術センターでしたから、規模が大きく本格的。

バゲット、食パン、フォカッチャなどイタリア風のパン、菓子パン、そして焼き菓子など、10種類ほどをいっぺんに作り、講習するのですから、指揮をとる方は大変な忙しさです。
時間、温度、湿度、素材の調整、リズムに乗ってスピーディに進む成形、同時進行する異なる手順・・・・!
一度にたくさんのことを把握し、指示を出せるなんてすごすぎてもう、感動してしまいました。

見学に徹したわたしは、ここではまったくの初心者です。
そのスピードと熱気に押されながら、工程のひとつひとつに目を見張っていました。
あちらを見て、こちらを見て、触って、匂いを嗅いで。

上の写真はちょっと面白いショットですが、作業台の上の鏡を撮っているところです。この大きな鏡があるので、後ろからでも手元の作業がよく見えます。
真ん中の写真はベーカースタッフの皆さん。下の写真はおなじみ、リスドォル・ミツの廣瀬満雄さんです。
TV出演の時の「怒りキャラ」とは裏腹に本当はとても優しい方です。

今日のことはまた記事にできたらと思います。
お会いできた方々に感謝いたします。どうもありがとうございました。

|

August 23, 2003

蝉の羽


やっと夏らしくなったのに、もう8月は終わりに近い。
盛夏の蝉と初秋のヒグラシが合唱する木の下を犬達と散歩。
今年は夏が短くて、蝉がなんとなく可哀想だ。

どの本で読んだのか忘れてしまったけれど、
バゲットの気泡の半透明の膜を蝉の羽に例えた表現がありました。
なるほど、と思いました。蝉の羽・・・あるいはオブラート。
アルコールと炭酸ガスが作りあげて出て行ったあとの空き部屋。
自然が創った芸術・・・と言いたいところだけれど、やはりこれは職人技。
緻密な計算によってできた作品なのでしょう。

|

August 22, 2003

杏あんみつの名残り


あんみつ(わたしが好きなのは杏あんみつ)をお土産にしたら
たっぷり黒蜜をつけてくれたので、その余りをトーストにかけて楽しみました。

黒蜜は、はちみつやメープルシロップとまた違って、こっくりと濃い味わいです。
ちょっとシナモンも振ってみたりして。

|

August 21, 2003

暇であるという幸せ


緑碧茶園でMoli Lizhi(ジャスミンティー)を買う。
それで今日はソファの横に本を積み上げて過ごす。
よしもとばななさんの「デッドエンドの思い出」がよかった。

その登場人物が幸せの光景として思い浮かべるものとして、
ドラえもんとのび太くんが部屋でドラ焼きをたべながらくつろいで漫画を読んでいるところ、というようなのがあった。
以前、ばななさんが別の本で「暇だね〜」と言い合っている時がしあわせ、というようなことを書かれていたのも思い出した。

忙しいという言葉はなるべく口にしないようにしているけれど、忙しいと言わない代わりに暇と言ったらどうだろう?
もしかしたら何か良い感じの魔法にかかるかもしれない。

今日もメッセージにお返事を。

浅川さん

♪あっさいちばんはやいのは〜?ぱんや〜のおじさん!♪
…( ̄  ̄;)ウーン・・・歌いながら書いてみたけど伝わらないよなぁ〜〜(オバカ(笑))きっと年代的に・・・なのかもぉ〜〜星子さんと私は同年代☆
歌って、年代・・・ばれやすいもんなぁ〜(笑)時代をかんじるなぁ〜


最近あちゃほにょろん♪とかいう歌を毎日歌っていらっしゃるらしい浅川さん・・・わたしをいつの時代の人と思っていることでしょう?わたし結構長生きです。・・・でもやっぱりその歌はなぜか知らないのでした。今度生で聞かせてください♪

◇しなもんさん

睡眠不足、こたえますよね・・お盆の時期はだれでも体調崩しやすいようです。
社会人になって10年以上たちますが、夏の暑さ(今年は冷夏ですが)を乗り切るのにこの時期に体を休めるのはとても利にかなっていると思うのです。お盆休みって侮れないです。昔の人は理屈でなく経験から自然と(宗教も絡んで)無理なく生活する知恵をもっていたんですね。そういう私は夏休みは9月です。これは単に旅行料金が安くなるから・・。別の知恵ですかね、これは。ではお大事に!


ありがとうございます。わたしもお勤め時代はお盆休みなどしっかりととっていたし、仕事とプライヴェートが明白に分かれていました。その切り替えをきちんとすることが今のわたしの課題なのかもしれません。
しなもんさんは今、楽しいことを計画中ですね。良い旅を!

◇むらた!さん

下の写真がウサギとハリネズミです。8月8日の日記の。ユーハイム
で9月から買うことができるそうです。

|

August 20, 2003

中国茶の効果を期待したけれど+メッセージへのお返事


2日にわたる睡眠不足のため、ぼーっとするかと思いきや、頭が冴えまくる。

Dean&Delucaで打合せがあったので、すこし気持を落ち着けるために中国茶を頼みました。
GREEN PETAL JASMINE. かわいい名前です。

その後は別の取材。貴重で素敵なお話をお聞きしました。
でもそうやって休むことなく感動していると、中国茶の効果も空しくテンションが落ちなかったので、夜にはクラクラしてしまいました。
明日こそはゆっくり休もうと決めました。

それではいただいたメッセージにお返事を。

◇Takaraya 江崎さん

はじめまして、自分はTAKARAYAで働いています。江崎といいます。とてもすてきな記事有難う御座います。今後とも、美味しいパンを造っていくのでまた、立ち寄ってください。

はじめまして。このあいだ奥の工房にいらっしゃった方でしょうか。メッセージありがとうございます。また今度お店に行くのが楽しみです。

◇ひろひろさん

はじめてメッセージを送ります。
いつも、美味しそうなパンの情報 楽しく拝読させていただいています。
取材して記事を書くことなど、本当に日々大変な労力があると思います。清水さんはとくにがんばりやさんなのではないでしょうか?とっても丁寧な記事を作られているといつも関心しています。けれど、お体が心配です。これだけのコトを短時間に纏めるのは本当に大変なコトですから。それに日記もお書きになっているし・・・・。
ねむれなくなってしまうのは、働き過ぎ、ストレスが過大になってきている警告のサインです。夜間寝る時間が近くなったら一切仕事などしないように心がけてくださいね。
楽しいパンの記事は楽しみにしていますが、その期待に応えようと頑張ってしまって、清水さんのお体の調子が悪くなってしまったら元も子もありませーん。しばらくゆっくり休んでくださいね★


やさしいお心遣いどうもありがとうございます。(涙)
働き過ぎということはないと思いますが、気になることは多すぎかもしれません。世の中は興味のあることで溢れていて・・・・からだより心が忙しいのですね。よくないですね。自分のからだにも丁寧な関心をもつことにします。
ひろひろさん、もしかしてお医者様だったりして・・・癒されました。ありがとうございました。

桜木星子さん

「朝一番早いのは、パン屋のおじさん」という歌を聴いた子供の頃、「パン屋のおじさんは、早く寝るだろうから、8時だよ全員集合!も見られないんだ…」なんて思いました。
そして「そんな大変な仕事、絶対にやりたくないわ…」とも。
「このパンは、この味!」と、毎日毎日同じ作業をするパン屋さんって、大変だぁ〜
眠れない夜、パンを焼いてみるってゆーのはどう?清水さんならできる。私は…無理!


「朝一番早いのは、パン屋のおじさん」てよく皆言っていますが、わたしなぜか聴いたことがなくて。どんなメロディーなんだろう?桜木さん、今度お会いした時、よかったららぜひ、歌ってください!
眠れない夜のパン焼き・・・素敵かもしれません。朝の家の中の匂いを考えるとそれは魅力的。
でもますます眠れなくなりますね。(笑)

むらた!さん

ウサギとハリネズミ?!<遅い?(^^;;すっごく見たくってしょうがないんですが、どこで見れるのでしょう?#私、ハリネズミ好きなんザンス♪

8日の日記に書いたのですが写真は別のをUPしていましたね。
ちょっと探してみますので、明日の日記ででも。少々お待ちくださいね♪

皆さま、どうもありがとうございました。

|

August 19, 2003

眠れなくなってしまった


突然眠れなくなってしまった。
桜木星子さんの日記に思わず共感メッセージを送ってしまったけれど
2時、3時、4時、5時・・・・・・・1時間ごとに時計を見て、途方にくれながら朝を迎えてしまう。
今までこんなことなかったのに。
6時になって仕方なく起きる。日曜日なのに。

毎日のように、あるいは交代で、真夜中に働くパン職人さんのことを考えてみたりする。
開店の時間においしいパンが並べられるように大切にパンの発酵を見守るパン職人さんたちのことを。

朝ごはんをたべてから歯を磨いて、眠ってみようとしたら、やはり眠れなかったので諦める。
夕方になって、ちょっと昔の中国の映画を観ていたら、すこしだけ眠れました。
風邪をひいて熱があるときのように非現実的なふわふわした一日でした。

写真は8月5日のクリームチーズコンクールで部門賞をとったパン。
速報記事をUPしました。

今日のピックアップ: キリクリームチーズコンクール

|

August 18, 2003

ベルグフェルドのトースト


つめたい雨の中を歩いて、店に入る瞬間はいつもほっとする。
それがいい匂いのするカフェだったりしたらなおさら。

毎日雨。もう秋になってしまうのでしょうか。
今日の朝食はベルグフェルドのパンでした。
フロインドリーブみたいな、しっかりとしたプレーンな美味しいパンでした。


今日のピックアップ: Bergfeld

|

August 17, 2003

無花果のタルティーヌ+メッセージへのお返事


初ものの無花果を買いました。大ぶりで濃密な味わいでした。
思わずそのまま、スライスしてバターをのせたバゲットの上に・・・。

今日はいただいたご感想メッセージにお返事を。

◇常盤さん

豆頬髭犬たちの写真、おかしー(^o^) なんだかコアラみたいですヨ!

そうなのですよね。ブルテリアとかストッキングをかぶった犬とも呼ばれました。(笑)・・・・とにかく凄い風でした。

ミニチュアシュナウザーという犬種は、淡々として「わが道を行く」ところがありながら、甘えん坊でもあります。

「海ほたる」は名前しか知らなくて、今検索してみてやっと「駐車場」だということがわかりました。え?違います(笑)?

そう、まるで空母みたいなサービスエリアです。晴れた日は気持良さそうな。

むらた!さん

元々漁師町育ちなわたくし、海の匂いには敏感だったりします。潮の匂いって言うべきなんかな?地元の海はもちろんのこと、他所の海でもすぐに嗅ぎ付けますね。<微妙に海によって匂いがちゃうんよ。

海の匂いに微妙な違いが?面白い。わたしも嗅ぎ分けられるようになってみたい。

そういえばむらたさん(といえばハリネズミ。笑)お菓子のハリネズミの乗ったケーキを見つけましたよ。先日日記に書いたユーハイムディーマイスターの秋のコレクションで、グリムの「ウサギとハリネズミ」をテーマにしたものでした。

◇Emiさん

おいしそうなかわいいパン。すごく楽しい発想ですね。そら豆パン・・・。MIHOKOさん、名付けの天才ですね!!!

あの呼び方はここだけのヒミツにしましょう(笑)。本名をお聞きしました。トロワセックフリュイでした。3種類のドライフルーツが入っているのはこういう名前になるのでしょうね。


全文ご紹介できませんでしたが、皆さま、いつもメッセージをありがとうございます。

|

August 16, 2003

鎌倉のCAFE Takaraya


午後用事で鎌倉へ。
お盆休みのせいか、都内は道が空いていて、それに加えて雨のせいで鎌倉も夏ではないかのように車が流れていた。

用事のついでにパン屋さんにも行く。
いつものベルグフェルドと初めてのCAFE Takaraya。
猫の看板を目印に、雨の小道を通って。

Takarayaには昨日書いたチクテのルーツがあるので、機会があったら訪れてみようと思っていた。
チクテのパンの親戚みたいな自家製天然酵母のパンも良かったのだけれど、くろみつパンやイチジクと紅茶のパウンドケーキのざっくりとした素朴な味わいにも惹かれる。

数年前まで毎年夏休みに訪れていた鎌倉あたり。
あの頃にTakarayaを知らなかったのはちょっと損した気分。

夕食は旅館にて。湯葉や松茸や栗のかたちのさつまいもの茶巾など、なにか秋を感じさせる料理。
秋雨のような寂しい風情の庭。

帰りの高速で海を見ていなかったことに気がつく。


今日のピックアップ: まだ店舗がなかった頃のCICOUTE BAKERY(2001.4)

|

August 15, 2003

幸福そのものだ、と思う食べもの


チクテベーカリーのpetit prleneauxはオーガニックプルーンとクリームチーズのハードなプチパン。チーズとパンの焼成変化による融合の美味。
先日のコンクールにはこういうシンプルなパンがなかったように思う。
コンクールに出るというのは、大晦日の紅白に出るのと、どこか似ているような気がする。ハレの日のメイクアップという点で。

わたしはチクテのパンを食べるといつも幸福な気分になる。

江國香織さんの本を読んでいたら、幸福そのものだと思う食べものについて書いたところがあった。
それは朝ごはんをを共にするほど親しい、大切な人としか食べないもの。
フレンチトーストだった。

素敵な考え方かもしれない。


今日のピックアップ: カフェのフレンチトースト

|

August 14, 2003

雪冷えのお酒


両親が数年ぶりに揃って遊びに来てくれたので、近所の和食屋さんへ行き、父の相手をして、普段はのまないお酒を存分に愉しみました。
ここはちょっとお祝い気分の時などに行くとっておきのお店。

いただいたお料理は、前菜に車海老と蓮根の豆打和え、かぼちゃ団子やジュンサイの酢の物など。
かぼちゃ団子は鶏の挽肉入りで上に山椒と葛をそっと乗せてあります。
続く刺身はなめた鰈など、夏野菜の炊き合わせ、渡り蟹の香ばしい玄米揚げのきのこあんかけ、鱧めし(これも葛がひいてありました。)、美味しい赤だしのお味噌汁、そして水菓子。
すべてが家ではなかなかできそうにない上品な盛り付けでした。

途中まで赤ワインを美味しくいただいて(和食にも結構あうものですね)、
その後冷酒が来てからはそちらにすっかり魅了されてしまいました。
のんだお酒は一ノ蔵。
これ、大好きです。
自分で選んだお猪口でのみました。
私の選んだのはビー玉やおはじきを思わせるノスタルジックな色合い。

5度くらいに冷えたお酒は「雪冷え」というそうです。
素敵な呼び方は一ノ蔵のサイトで知りました。

今日のピックアップ: 一ノ蔵

|

August 13, 2003

そら豆パン!


その遊び心のあるパンを見たとたん、そら豆パン!と思ったので、本当の名前を見るのを忘れてしまいました。ドライフルーツの入ったパンは数あれど、こんな面白い形状のものは初めてで笑ってしまいました。

パンのさやの中に入っている豆はプルーン、杏、イチジク。

そういえば、クリームや餡の入ったもう少し大きくてふわふわの菓子パンなら、今までもあったかもしれない。でもハードな生地でドライフルーツがそこに一粒ずつ入っているセンスが楽しいと思いました。

月曜日。
たった2日家を空けただけだけで台所に立つのが心地良い気分。
夕食は、千葉で買ってきた夏野菜でゴーヤチャンプルー、焼きなすと黒ごま豆腐、枝豆、きゅうりの塩もみなど作りました。


今日のピックアップ: そら豆パンはここで見つけました。

|

August 11, 2003

夏の一日。


台風一過の夏の日。朝5時に起きて犬と海に行く。
波の音がずっとしているのにいつまでも現れない海。農道に迷い込んでしまった。

不安になっていると、小型トラックで通りかかった農家のひとが海までの道を教えてくれた。「・・・・その先は海の匂いがしてくるからそれを頼りに行けばいいから。・・・かわいい犬だねぇ。」
いいひとに出会えてよかった。

ようやく見た海は、台風の後で海草がたくさん打ち上げられて入るものの、信じられないくらい綺麗。
波しぶきと朝の光が交じりあって「もや」のようになっているところも。

午後、道の駅で新鮮野菜をたくさん買って、海辺で夏休み中の友人宅へ。

海を見ていると飽きないのは、海辺に住む人びとも同じのようだ。
日々刻々、海の色は変わり、夜も窓から対岸の灯りや満天の星が瞬く空を眺めることができるという。
海辺の暮らしの贅沢さが本当に羨ましくなってしまった。
たとえばそれを都会の便利さと引き換えにしたとしても・・・・たぶん・・・。

ところで昨日から珍しく、パンの話を書いていません・・・
美味しいパンをやむなく冷凍庫に眠らせて出かけてしまったのです。

昨日のお昼はサンドウィッチを作って持って行くのだったなと思い、
今朝は家にあるパンを想ってホームシックにかかってしまった自分が、だからなんとも哀しくて可笑しかったのでした。

旅先で美味しいパンには出会えなかったけれど、TVもPCも「行かなくてはならない場所」もない状況は、ゆっくり休める一日となったことは言うまでもないのですが。

|

東京湾アクアライン封鎖直前に通過する


千葉の館山の方へ旅行。雨降りは慣れていますが、高速道路は横風に煽られかなりスリリングなことに。

東京湾アクアラインを通過したのはお昼過ぎ。
空母のような海ほたるで、豆頬髭犬たちの記念撮影をしたら、なんというか・・・・ブルテリアのようになってしまいました。手を離したら飛んでいってしまいそう・・・!

雨が下から上に降ったり水溜りが無重力状態のようになっているのを見たのも初めて。
高速を降りてからも、道路の際まで海が来ているような場所もありました。

宿に着くと、アクアラインが通行止めになったことを聞きました。
セーフ。
もうこなると粋狂で、夕方は暴風雨のドッグラン(芝生)でビショ濡れになって犬たちと遊びました。
暗くなってからは雨風も止み、またライトに照らされた夜の庭へ。

でも、宿には庭から直接行ける犬用の洗い場がついているので、とても清潔に過ごせて快適でした。

|

August 09, 2003

ユーハイム秋冬お菓子コレクション@丸の内テラス


わたしは雨女です。
ちょっと楽しみにする予定があると必ず雨が。

でも公言すると外れることが多くなるような気がするのでここにて宣言しましょう。
週末は台風でしょうか・・・。

今日も出かける前から怪しい空模様。
・・・やっぱり。
ドアをあけた途端、雨というのはよくあることです。
今日は丸ビルで某シェフとランチのお約束があったのでした。

その後DEAN&DELUCAへ寄って丸の内テラスへ。
ユーハイム02-03秋冬お菓子コレクションに行ってまいりました。

前回のテーマはバウハウスでしたが今回はグリム兄弟。
カエルやハリネズミやウサギや・・・so cute!でした。
(前回ご一緒した洋菓子の下井さんもいらっしゃりたかったことでしょう。)

写真は赤頭巾ちゃんのケーキとブレーメンの音楽隊のケーキ。
赤頭巾ちゃんは頭巾が外れるようになっていて、中にはチョコレートケーキが。
ペーターシュミット氏、マイスター安藤氏のコラボレート作品はいつも楽しい驚きがあります。

もちろんパンの新作発表もあり、取材してまいりました。
丸ビルももうすぐオープン一周年。記念の新作です。
こちらは記事にする予定です。


今日のピックアップ: 丸の内テラス

|

マーマレードとリュスティック


リュスティックを買うといつもマーマレードと合わせたくなる。
バターとハチミツとビターなマーマレードと。
輝く透明なオレンジの蜜が気泡に溜まったのを
こぼれないように慎重に食べる。
でもこぼしてしまい、手がべたべたになる。
でもそれはちょっと幸福なべたべた。
くまのプーさんの気分でスタートする朝は
のんびりしていて、時には良い、と思う。

メッセージにお返事を。(今日はお返事だけで失礼します。)

◇射手座さん

グランドハイアット東京、素敵でしたか。近くなのに泊まりに行くという贅沢もたまには良いものですよね。
ホテルは何と言っても外と別世界の雰囲気や静寂を味わいたいもの・・・良い休日でしたね。
六本木ヒルズのおみやげはパン(とジャム!)わたしも同感です。

◇やすおさん

こんにちは。以前メールをくださったやすおさんですね。
やすおさんがお見かけになった方は残念ながらわたしではなかったようです。

BC*のカスタードのパイ、美味しかったですか。機会があったらいただいてみますね。
美味しいパンのある涼しいカフェでちょっと仕事・・・わたしはなかなかノートPCを持ち歩けないのだけれど、外でサクサク仕事(なのかな?)する人を見ていいなと思います。ハイ!夏バテしないように頑張りましょう。ありがとうございました。

|

August 07, 2003

ホームメイドクッキングの黒田さんのジャム


貴重なジャムをいただいた。
ホームメイドクッキングの黒田さんのブルーベリージャム。

隠し味に白ワインが入っているというそれは、プリザーヴタイプでさらりとしていてヨーグルトに合う。
きっとチーズにも合うことでしょう。
たとえば昨晩のキリのクリームチーズなどにかけたらそれだけでシンプルで素敵なデザートになりそう・・・・。

昨日はブティックタイユバンロブションにも寄ったので、今日はそのパンとも楽しみました。
黒田さん、ご馳走さまでした。

|

August 06, 2003

キリ クリームチーズコンクール表彰式


ウェスティンホテル東京で開催された第4回キリクリームチーズコンクールの表彰式に出席しました。
生菓子、焼き菓子、ベーカリー、アシェット各部門の最終審査に残った作品が展示され、結果発表と表彰式、続いて懇親会が行われました。

キリクリームチーズを使った作品はどれも興味深かったですが、懇親会のお料理もとても素敵でした。

ラパンのガラレティーヌ、
サマートリュフのジェリー フォアグラ風味、
蟹と鯵のリエット、
オマール海老のラビオリ(茹でると目の前で魔法のように緑からオレンジに変わるのです)、
カエルのロティ チャイニーズエピス風味(スパイシー)、
フォアグラのソテー
カッスーレ添え(豆が美味)、
鱸とニ色のパプリカのミルフィーユ仕立て等々・・・
シャンパン、ワイン、デザートブッフェ、各種チーズ・・・

思いがけず夏のフレンチを満喫しました。

写真は部門賞受賞の方々(ベーカリー部門は東京製菓学校の根本将博さん)と帝国ホテルの金林氏やモンサンクレールの辻口氏ら、審査員の方々。

昨年から始まったベーカリー部門。限られた時間でその素材を最大限に生かす作品を作るという時、発酵させなくてはならないパンは最も大変だと思いました。詳細は記事にする予定です。

今日のピックアップ: キリ クリームチーズコンクール主催会社 arcane

|

August 05, 2003

フルーツヨーグルト★バラエティ


毎朝、ヨーグルトに季節の果物を入れて愉しみます。

皮を剥いた葡萄の透明なグリーンの粒とか
甘く濃い色のバナナとか
完熟したソルダムのルビー色とか
とろりとした白とのコントラストを嬉しく眺めてから味わいます。

ご感想メッセージにお返事を。

◇常盤さん

朝のパンのことでメッセージをいただきました。

朝は焼いたり、ハムやチーズを乗っけたりする時間はないので(笑)そのまますぐ食べられるパンが多いです。ベーコンが入っているとかクリームが入っているとか。そのようなパンを私はだいたい2個食べます。そんな私を見て、旦那が「2個なんて食べすぎだ!」と言うのです。たとえば、パンのほかにサラダを用意したりする家なら2個は多いかもしれないですが、うちなんてあとは牛乳だけなのに〜。まあ、旦那は朝に弱いからでしょう、きっと。私が食べすぎってことないですよね!?
美穂子さんは何個が普通ですか?


わたしは普段、トースト1枚か、同じくらいの分量のバゲットなどのプレーンなパンでしょうか。
量はひとそれぞれだと思いますが、美味しいと思うことができて、からだが気持ちいいなら食べ過ぎということはないと思いますよ☆

◇なかこさん

毎日清水さんの日記をとても楽しみにしています。
このところ日記をにぎわせている「食事パンの名前」ですが、いざ考え出してみると本当に思いつかない!
日本の食卓ではまだまだ「パン」というと洋風の食卓をイメージしてしまいます。もっと気軽に、それこそおしゃもじでご飯をよそうようにパンを温めたり、炊きたてのつやつやのご飯をほおばるように皮目の香ばしさを堪能したりしたいものですね・・・
で、ネーミングのほうは・・・うーん「everytime bread」とか「日々パン」(にちにちぱん)なんだか考えれば考えるほどイメージとかけ離れてしまいます。早くいい名前が見つかるといいですね。


なかこさん、ありがとうございます。にちにちぱん!パン屋さんのお名前にしても良さそうですね。わたしのイメージはやはりside dish bread。名脇役パンですが、それにふさわしい名前が見つからないのです。難しいですね。

◇づんさん

梅のジャムと蜜煮の一件ではいろいろと教えて頂きありがとうございました!蜜煮にするには梅があまりにも熟してしまっていたので今年はとっておいた空き瓶を総動員してジャムをたくさん作りました。初めてでしたがとてもおいしいジャムになりました☆
私の住んでいる兵庫県はイチジクの栽培でも有名なのだそうで、立派な実が果物屋さんにならび始めました。今度はイチジクのジャムに挑戦してみようと思います。
パンのお土産、私も時々買って持っていきます。意外なのか結構喜んでもらえるんですよね!それに、パンが苦手という人、少ないですし・・・。子供さんがいるお宅にお呼ばれするときは甘食とかペストリーなんかを混ぜたりして!『ちょこっと美味しいモノ』って楽しいし、見つけた時に幸せ〜な気分になれますから。
どんなパン屋さんなのでしょうか?記事楽しみに待ってます!


こんにちは。わたしはイチジクが大好きです。名産地なのですね。素敵。
ジャムはくすんだピンク色でプチプチした食感になるでしょうね。白カビ系のチーズと一緒にサンドウィッチにすると美味しいですよ。
食パンを手みやげにしたパン屋さんの記事は、UPしました。コチラです→


今日のピックアップ: 【新着】素敵なパン屋さんをご紹介します。

|

August 04, 2003

パンの手みやげ


お昼を買いに立ち寄った店で、実家に持っていくおみやげの食パンも買う。
親もそのまた親もわたしの記憶にある限り、朝食はトーストと決まっているので
時々美味しいのを見つけるとこうして手みやげにする。
おつまみになるような惣菜パンをおみやげに持っていくと、父の晩酌のお供になる。

パンの手みやげ。
200円とか300円で結構幸福な気持を呼び寄せてくれる。

写真はベーコンと紫蘇のエピ。
自家製酵母でもちっとしているけれどこの店の特徴でクラストがさっくり軽い。
これはおみやげになることなく、お昼に消えてしまったのだけれど。

このパン屋さんは明日記事にてご紹介するつもりです。



今日のピックアップ: パン屋さんの記事UPしました。

|

August 03, 2003

★メッセージありがとうございます★


やっと本格的な夏到来です。
昨年の夏休みといったらなかった。
好きなレストランで過ごした数時間だけだったような。(For Lの金澤さんの日記で思い出しました。)今年はどうなることでしょう。

今日はご感想メッセージへのお返事を。

◇nanaさん

こんにちは。爾比久良、おいしそうですね〜最近、母にすすめられお茶を習いはじめたので、ちょっと和菓子にも興味があるのです。今度、注文してみますねー

美味しいですよ。大好きなのでいろいろな方におすすめしています。

◇たかはしさん

先日の講演会に出席させていただきました。私は、小さなパン屋で働いていますが、店のホームページも作成しております。講演会が始まり、10分、20分とたった頃、初心者向けの講演かと思い、実は帰ろうかと考えておりました。
でも、せっかく来たし、もう少し、もう少しと思いつつ、結局後半では、一生懸命メモをとりながら聞きいってる自分に気が付きました。とても失礼ですが、話し方、段取りなど慣れないようでしたが、一生懸命話している姿は素敵で、内容自体は基本的なことでしたが、改めてサービスの大事さなど実感させられました。
実際、パンを作り、お客さまと接する事、自分自身、常に精一杯やってるつもりですが、日常化されているため、たまに大切な事を忘れてしまっている自分を痛感させられました。
また、講演会される機会がありましたら、ぜひまた勉強させて頂きたいと思いました。どうもありがとうございました。


たかはしさん、ありがとうございます。何度も読み返しました。あぁ、お帰りにならなくて良かったです。
日記にもメルマガにもあちこちに書きましたが、多くの様々な立場の人に限られた時間でたくさんのことを伝えることの難しさ。オフラインとオンラインの違いを強く感じました。
わたしにとって初めての講演でしたが、今度機会がありましたら、もう少し上手くお話できるはず、絶対にそのようにしたい、と思っています。
ところで、お店のホームページかメールアドレスをお知らせいただけませんか。
今後ともよろしくお願いいたします。

さて、以下は食事パンの話題へのメッセージです。

◇Takakoさん

ウチでは『朝ごパン、昼ごパン、夜ごパン』と言っています。朝ごパン用にコレ買っとく?みたいな感じで使います。

◇naoさん

食事のパンといったら、我が家ではカンパーニュとかバケットとかハード系。パン屋さんには夫と行くことが多いのですが、私たちはいつも「今日の夜ごぱん、どれにする?」「明日の朝ごぱんはこのコンプレにしよう。」なんて言いながらパンをえらんでます。日本の食卓の ‘ごはん’ と同等のパンということでいつの間にかこう呼ぶようになったのですが・・・。‘ごぱん’。どうですか???(笑)

Takakoさん、naoさん、ありがとうございます。偶然同じでしたね!ちょっととぼけていてユニークな響きがあって可愛い。

◇常盤さん

私は、「それだけで食事になるパン」つまり、お総菜のようなパンを想像していました。コロッケが載っているとか、ウインナーが入っているとか。で、サンドイッチはサンドイッチという呼び名が元々あるので、内容的には私の考える「食事パン」なのですが、「サンドイッチ」としか呼びません。
食パンやバゲットはそのまんまの呼び名で呼びますしね〜。そもそもバゲットという言葉も私にはまだなじみがなくて、「フランスパン」。パンにあまり馴染みがないころの日本を引きずっている感じ?でも、今はパンの種類が増えたし「フランスパン」じゃ何のこと指しているのやら…ってなっちゃいますね(^_^;)


本当に、カタカナで呼ぶパンの名前というのは面白いですね。例えばフランスパンは今はもうフランスパンというひとつの名前では言い表せないほどの種類を日本人は作り、売り、買い、食べているということですものね。
わたしも、食事パン(わたしのイメージでは料理と一緒に食べるパンのことです)は外国ではなんと呼ぶかと考えてみたのですが、バゲットとかパンの種類で呼ぶのですよね。

皆さま、どうもありがとうございました。


今日のピックアップ: とても好きなホテル。

|

August 02, 2003

夏のチョコレート

我が家の冷蔵庫はほとんど食品を保存するというより
素材を置いたりつめたい料理を冷やすために使われている。
保存は近くのスーパーマーケットにお任せして。

そんな冷蔵庫の特等席にいるのがジャンポール・エヴァンのビターな板チョコレート 。
デザートのとき、大事にひとかけらだけ、出してきて
きらしてしまったら、また一枚だけ買いに行くのです。

乾いた草を焼いた煙の香り

ビスケットを思わせる味わい

長く記憶にとどまる一品

など、その説明書きを愉しみながら
照明を落とした涼しいチョコレートショップで過ごす時間は
結構ワクワクするひとときです。

今日のピックアップ: JEAN-PAUL HEVIN

|

August 01, 2003

ドライフルーツとチーズのマリアージュ


無花果(イチジク)、胡桃、レモンピール、プルーンの入ったどっしりしたライ麦パンにブリーチーズを乗せて、のみものの準備をしている間に、チーズがとろりとした様子になった。

遅い梅雨明け。外の空気も空の色も夏らしくなってきました。
4月からはじめたBREAD+something goodも5ヶ月目に入ります。

今日のピックアップ: パンとチーズの美味しい関係

|

« July 2003 | Main | September 2003 »