« June 2003 | Main | August 2003 »

July 2003

July 31, 2003

『食事パンって今ひとつだから何か考えよう』企画。


食卓にあがるシンプルなパンをとても大切にしているパン屋さんに取材に行きました。
一度行ったことがあったのだけれど車だったので、今日は駅からの道をお聞きすると、人がやっと通れるほどの猫の散歩道みたいな抜け道を教えてくれました。
ちょっと楽しかった。

来週の記事で詳しくご紹介する予定です。

7月19日の日記で、最近よく使う「食事パン」という名称がわたしにはどうしても今ひとつな気がするので何か他の名称を考えたいと言って、募集してみました。

考えてくださった皆さまからのメッセージをご紹介します。

◇ゆうさん

自分のお気に入りを選んでそれから付け合わせを考えるというストーリーになるので単純だけどやはりメインブレットがいいな。

サイドディッシュとパンという考え方に賛成♪でもパンはメインディッシュではないとすると・・・。

WEB素材 浅野さん

あえて第二のネーミングをするとしたらプレーン・ブレッドとか、どうでしょうね。

材料を考えたらなんといってもプレーンなものですよね。

◇かずみさん

Meal Breadじゃそのまんまですね。子供の頃、ポテトサラダなどの乗ったパンをおかず系、デニッシュなどの甘いパンはおやつ系と呼んでいた記憶も蘇ってきました。

Meal Breadとは食事どきのパン、というような意味になるでしょうか。

◇tomouseさん

私の家では、食事パンのことをいつもごはんパンと言っています。ごはんの代わりに食べるので自然とこんな言葉がついていました。とは言っても、ごはんパン=食事パンとわかるのは、大のパン好きの妹との間だけですが....

そうそう、言いたいのはごはんと同じ位置のパンということなのですよね。

◇けいこさん

食事パンって、プルマンとかバゲットとか、甘いものやおかず類が何も入ってない食事のお供やサンドイッチに使われるパンのことですか?私は名古屋出身ですが、食パン(しょくぱん、もしくは、しょっぱんと読まれます)と呼んでます。これって方言なんでしょうか?ちなみに実家はパン屋ですが、父は品札に「プルマン食パン」「イギリス食パン」「ホテル食パン」などと表示しております。食事パンという言葉、初めて聞きました。

わたしはバゲットやカンパーニュ、27日の写真のようなプチパン、そして今日の写真のようなのを食事パンと考えていました。全粒粉やライ麦や少量の油脂などは配合されていても良いけれど基本的にはプレーンな。レストランで料理と一緒に出てくるパンです。この時、サンドウィッチ、食パンはわたしのイメージでは別です。もしかして食事パンとは、あまり全国的に言われない名称かも、ということに今気がつきました。ありがとうございます。

◇眉間しわ子さん

ごはんパン…”主食”としてのごはんという言葉から。めしパン、主食ぱん、テーブルブレッド…テーブルパンでもよいのですが、ブレッドの方が響きがいい気がしまして。それを日本語に訳して→食卓パンいかがですか?

眉間しわ子さん!お名前が面白いです(笑)。食卓パンも主食パンもまさにその通りなのですが、響きが食事パンと変わらないような。(失礼。わたしはまだ思いつかないのに。)難しいですね。新しいものを考えるのって。

洋菓子の下井さん

食事パンっておかずパンともいうかもしれませんね。他に思い当たらない・・・「食事」というくくりがあまりにも大きいから。もっと細かく分類してもよいかも?!
小さくて塩味の利いたアンチョビがはいったようなパンは→「おつまみパン」「前菜パン」「アペリティフパン」
中にお芋やお肉などがごろっと入っているようなのは→「ブランチパン」「ランチパン」「ボリュームたっぷりパン」・・・あ。だんだんイメージがそれてきました。 うー。難しいー。


食事というのが漠然としていたのですね。なるほど、細分化すれば良いのか。大変だけれどそうかも。前菜パン、アペリティフパン、ブランチパンなど、どれもとても美味しそうです!

わたしはと言えば、知らない言葉で、美味しい響きで、良い意味をもっているものがないかな、なんて考えています。まだしばらく考えてみることとなりそうです。

皆さま、大変興味深いメッセージをどうもありがとうございました。

|

July 30, 2003

アンジェリックベベに寄り道


トーストをひとくち食べて、オイシ!と呟きました。そんな朝。
昨日はアンジェリックベベに寄って帰ったのでした。
春にふたりめのお子さんが生まれたという戸島シェフ。あたたかい雰囲気のお店で楽しそうな様子で接客されていました。
わたしはちょっと話を聞いてもらって笑ってもらって、そしてパンを買いました。
講演もこんなふうにリラックスできたらよかった。

今日の朝ごはんが美味しかったのは、ベベのパンがあったのと、それからテーブルに花を飾っていたからかも。
昨日講演でいただいたお花。(Aさん、ありがとうございました。)

━━━━……‥‥・・・・・・‥‥……━━━━

メッセージにお返事を。

ほりきりさん

素敵ですね、講演会。お疲れ様でした。うーん。聞いてみたかったぁ!私も、お菓子屋さんや、パン屋さんからネットオークションをはじめるときの相談受けたりするのですが、食品に関してはいまいち知識が足りない気がして自信持ってお話できないのです。記事と日記もこまめにチェックしなくちゃ!また楽しみにしています。

ありがとうございます。パンのネットオークション?と思ってオークションのサイトいくつか見てみました。あるのですね!知らない世界でした。また機会がございましたらお話を聞かせてくださいね。

◇しなもんさん

講演会お疲れ様でした。私はパンの仕事に携わっていないけど、とっても拝聴したかったです。大勢の人の前で話すと言うことは緊張するけど、とても勉強になりますよね。こういう機会があると自分が聴講者になった時に講演者の言葉づかい、全体の話のまとめ方なども気になってきます。今度は消費者向けの講演会も是非!

ありがとうございます。本当に、(オフラインで)大勢の前で話すことなど、勉強しなくてはならないことがたくさんあると思いました。良い経験でした。

◇常盤さん

カフェの話。わたしも常盤さんと同じに感じていましたよ。
パン屋さん主体のベーカリーカフェは最近、全席禁煙のところも多いのではないかな、と思います。

|

July 29, 2003

★初講演★ユーハイム、ヴィロン、ZOPF、たくさんのパン屋さん。


日本パン技術研究所にてベーカリー向けの講演をしました。

講演など初めてのことで、わたしにとって困惑する事態でもありましたが
多くの人の前で話す難しさを経験したことは良い機会となりました。
いろいろ考えると自己嫌悪で帰りは倒れそうでした・・・が、
今後にこの経験を活かして行かなくてはと思いました。

お忙しい中いらしてくださった多くの皆さまに心からお礼申し上げます。
何かひとつでも良いヒントをお伝えできていたら幸いです。

写真はヴィロンの西川氏、ユーハイムの志賀シェフ。
(素敵な両氏の真ん中でつかの間、嬉しい気分・・・。)

|

July 28, 2003

名前をつけるということ


食事パンの名前についてのメッセージありがとうございます。
名前をつけるということはその定義を考えることにもなり
自分にとって食事パンとは何か。ということにもなり
意外な意見もあり、自分の考えの狭さを知ったりして興味深いのでした。

来月のあなたの一票はこれでいこうとおもいます。

夜、大学時代の友人から電話。
この間皆で集まった時に行かれなかったので、本当に久しぶり。
今は外国で暮らす彼女。わたしなんて憧れてしまうけれど、
やはり大変なことは誰にでもあるのですね。
でも話し振りが変わっていなくて懐かしく、嬉しかったのでした。

|

July 27, 2003

爾比久良


にひくら、と読みます。
これはたぶん、わたしの一番好きな和菓子です。
黄味時雨のような卵黄のほろほろした生地が四角く固められています。
そのなかにはほんの少しの漉し餡ととても大きな栗がひとつ。

以前、自分のサイトでお気に入りのものごとを書く場所に、そのように記録していました。
このお菓子はよくおつかいものにします。そして自宅用にひとつとかふたつ買うのです。
今の季節らしくはないですが、遠くの花火の音を聞きながらいただきました。
それにしても涼しい夏。

講演準備をしていたら、マウスが酷使しすぎ?でご臨終してしまいました。(泣)
現在マウスは血統証つきではありませんが、格好いいヤツです。

━━━━━━……‥‥・・・・・・‥‥……━━━━━━
メッセージにお返事を。

◇射手座さん

数年前、庭の片隅にブルーベリーの苗を3本植えましたが、愛情が足りないせいかいまだ収穫に至らず、ジャム作りは夢のまた夢。せめて今年の夏はインターネットで見つけたブルーベリー農園(なんと世田谷区です!)へ行って、我家では叶わぬ「収穫」を楽しんで来ようと思っています。

庭のブルーベリーが少ししか採れないので冷凍してためてからジャムにするという話を聞いたことがあります。都内にも農園や無人直売所って結構あるようですね。ブルーベリー農園とは初めて聞きました。素敵ですね。

今日のピックアップ: 爾比久良は和菓子大吾で。

|

July 26, 2003

夏のクロックムッシュ フランスパンヴァージョン


クロックムッシュのクロック!というのはパンを齧る音なのだそうです。
フランスパンで作っても美味しいけれどかなりクロック?な音がしそうですね。
フィセルなど細いパンなら食べやすいかも。
写真はそれです。というわけで

夏のクロックムッシュのレシピ、UPしました。

今日もメッセージにお返事を。

◇あきとまさん

私も今日、渋谷のヴィロンに行ってまいりました。プチデジュネはもうヴォリューム満点。バゲットレトロドールのクラスト、パリパリで、パイルも見事!クラムはくすんだクリーム色で見るからにおいしそう!基本的にパンはなにもつけない主義なので、たくさんのジャムに困ってしまいましたが、全部試しました。はちみつはちょっとえぐみというかくせがあり、私は?という感じ。チョコクリーム美味しいですねえ。パンなしでパクパク食べちゃいました。紅茶についてきたマカロンも口どけよくナッツの歯ごたえ良いです!帰りに1階で、このマカロンとバゲットレトロドール、オリーヴパンを買いました。このオリーヴは中にアンチョビかなにか入っているのか、塩気も丁度よく、ワインのお供に最高ですね。あぁまた行ってみたい。

あきとまさんもVIRONのとりこですね!紅茶にマカロンはサーヴィスでしょうか。
わたしがいただいたはちみつはTOURNESOL、ひまわりのものでした。
ちなみに紅茶はソレイユ。偶然にもその日は太陽のイメージでコーディネートするかたちとなりました。

◇あおネェさん

自分で焼いた、手作りパンも、もちろん良いです。そして、有名店のパンも、良いのですが・・・でも、コンビニの袋パンは、時々無性に食べたくなるんですよね(笑)

16日の日記ですね・・・(笑)時々無性に食べたくなるという話、よく聞きます。あおネェさんはどんな袋パンが食べたくなりますか。

━━━━━━……‥‥・・・・・・‥‥……━━━━━━

昨日書きました、食事パンの代わりになる名前募集にメッセージを何通もいただきました。
ありがとうございます!後日まとめてご紹介したいと思います。本当にありがとうございました。


今日のピックアップ: 夏のクロックムッシュをつくろう♪

|

July 25, 2003

フレンチスタイルの店 キッシュと食事パンの法則。


皆さまからいただいたご感想メッセージにお返事を。
19日の日記で募集した「食事パン」の代わりになる名前、只今応募数1通。
食事パンはやはり食事パン・・・?

◇nanaさん

はじめまして。私は実家の隣がパン屋さんだったので、子どもの頃からパンの焼ける香りが大好きでした。先週、お友達の家へあそびに行くとき、近くの「メゾンカイザー 田園調布店」でキッシュを買っていきました。ブロッコリーとサーモンのキッシュでとても食べごたえありました。私も何度かキッシュつくりに挑戦したことがありますが、家庭用オーブンだと微妙になかなかうまく焼けてくれないんですよね〜 美穂子さんはキッシュも作るんですか?お得意でしたらコツを教えてほしいです♪

はじめまして。残念ながらわたしはキッシュは作ったことがありません。最近ではキッシュを置いているパン屋さんが多くなってきたように思います。いつかわたしも作ってみたいものです。

PAULメゾンカイザー、そして最近話題のヴィロン。フレンチスタイルで食事パン(!)が豊富な店には本格的なキッシュがあるという法則が成り立つかも?

ほりきりさん

ずっと考えていたのですがいいものが浮かびません。
食事パンってけっこういい感じがしますが・・・。
毎日パン これを英語にすると Daily Bread?
普段パン うーーん、ますますシックリきませんね。
朝パン 、これは古い。
なかなかいい言葉って浮かばないものですね。他の方はいかがでしたか?


ほりきりさん、メッセージありがとうございます。それが、ほりきりさんだけなのです。(笑泣)プレゼントでもご用意していたらほりきりさんが独占というところでした。
朝パン?朝シャンみたいですね。
やはり食事パンは食事パンが一番良いということなのかな。言葉で遊ぶとか名前を考えるのが好きですが、これは結構わたしにも難題です。もうしばらく考えてみます。

皆さまもぜひ。いい名前を思いついたら教えてください。どうぞよろしくお願いします。
食事パン・・・今一番注目しているパンなのです。



今日のピックアップ: 写真はルボワの美味しいキッシュ

|

ダブルジャム計画変更


今年はブルーベリーをよく見かけます。大粒の輸入もの。
ブルーベリーの長旅を気にかけながらも、魅力的なので買ってしまいます。

もっと素っ気ない味だったら、ブルーベリージャムと一緒にパンに乗せて
フレッシュで濃い贅沢ダブルジャムを愉しもうと思ったのだけれど、あまくて美味しい。
洗っているうちにも、ひと粒ひと粒つまんでしまいます。
パンケーキに入れて、ちょっとインクが滲んだように色素が溶け出すのも素敵、と思った頃にはなくなっていました。

ダブルジャムというのは、わたしが勝手に考えたものですが、果物あるいはジャムが今ひとつの味だった時、合わせてしまう方法です。ブルーベリージャムとブルーベリーとかイチゴジャムとイチゴ(バナナも美味しい)とか、マーマレードとオレンジとか、そういうふうに。

今日のピックアップ: 作ろう!パンケーキ

|

July 24, 2003

オレンジの香り、コーヒーの香り、ヒマラヤ杉の香り。


ルクールピューのルヴァンナチュールとアーモンドが丸ごと入っているオレンジのパン。オレンジピールの良い香り。
洋菓子の素材を使っているのでしょう。この店はお菓子も美味しいのです。

香り。
朝、コーヒーを淹れると外出から帰ったときも家の中に残り香があって良い匂い。
なにかほっとします。パンを焼いた日の台所の匂いもそう。

最近はCEDARWOOD(ヒマラヤ杉)のエッセンシャルオイルをキャンドルで温めて、乾いた木の香りを愉しむこともあります。

音楽をかけたら気持ち良すぎて仕事できなくなってしまいそうなので無音、というのが昼間の仕事場です。


今日のピックアップ: グラングルマン ル クール ピュー

|

July 23, 2003

なにかちょっといいモノが失われたと気がついた日


昔よく行った小さなイタリアンのお店に出かけて、なにか変、と思ったけれど最後のコーヒーをのむまで黙っていた。何もかも変わってしまっていて、ちょっと途方に暮れた。

いろいろなお店の話を聞くと、採算がとれなくてもサーヴィスでやっているとか、楽しいからやっているとか、儲けと違うところで、なにかちょっといいモノがあることを知ります。
それは本当にちょっとのことなのだけれど、お客さんはそれを一番楽しみにしていて、お店の人気の秘密も結構その辺にあるのではないかと思ったりします。
不況下でもどんな時でもそれを続けていくのは簡単なことではないでしょう。

なにかちょっといいモノをたくさん持っていたあのお店は、名前だけ残して、多分もうどこかへ行ってしまったんだね。
と思った日でした。(寂しかったので具体的には書かないことにします。)

写真は今朝のブリオッシュ。レーズンとバターとたまごがいっぱいの甘い快楽主義的な味。

|

July 22, 2003

吉祥寺ヴェトナム料理とカフェ


蒸し暑い日。新しくできたNha Viet Nam(ニャー・ヴェトナム)でフォーを食べました。
エスニックなものをいただくとその遠い国へ思いを馳せます。

わたしにとって、ヴェトナムのイメージはトラン・アン・ユンの映画。
「青いパパイヤの香り」や「夏至」に満ちていた湿度のある清らかな美しさを思うと、今の気候もさほど嫌なものでなくなってくる・・・。
半透明の美味しい麺やライスペーパー、瑞々しい野菜、この季節にぴったりの食事となりました。

その後カフェや面白い感じの雑貨屋に立ち寄っているうちにかなりな距離を歩いていました。
今日も家にいたらずっと仕事になりそうだったので、思い切って出てきて、気分転換になってよかったかも。

A.K Laboというパティスリーには、メレンゲシャンティー(メレンゲにクリームを挟んだもの)があったので、カフェでいただきました。買って帰るには湿度が心配だったので。

思ったとおり、帰り道は雨に濡れました。
もうすぐ梅雨も明けるでしょうか。


今日のピックアップ: 可愛いケーキ屋さん A.K Labo

|

ローラン・ジョアンと食事パン


ジョアンで買ったバゲットローランは、レジャンデールという「フランスの伝統的な食事パンの特徴である深い味わいと香りを再現できる小麦粉」を使ったパンなのだそう。
フランスの小麦粉・・・ではない?

日本橋のローラン・ジョアンはフランスの伝統的な食事パンが揃っているそうです。
創始者のお名前のついたちょっとグレイドアップしたようなジョアン。
いつかデパートにオデカケするついでに寄ってみたいと思います。
(日本橋のデパートって、デパート然としていていい。そして何か懐かしい気分になります。)

夫が仕事帰りにBC*アスタリスクのパンを買ってきました。
今日は食事パンがいっぱい。

最近よく使う「食事パン」という言葉が、わたしにはどうしても今ひとつな気がするので、何かいい名前を考えることにしました。

食事パンという名前の代わりになる言葉、よろしかったら皆さまも一緒に考えてください。感想コーナーで募集します★

|

July 20, 2003

ショウガの砂糖漬けとショウガパン


新ショウガで砂糖漬けを作った。ホームページで甘酢ショウガごはんについて書いて、そういえば大人になってショウガ味のお菓子も好きになったという話題をしていたら友人が教えてくれたレシピ。キリっとした刺激的な甘さが美味しい。

それは一度茹でこぼして、あとは砂糖がバリバリになるまで煮詰めるというもので、紅茶ととてもよく合うのです。クッキーやチョコレートと融合させても良さそうです。

小さい頃読んだ古い本に「しょうがパンの坊や」というのが出てきました。
「しょうがパン」とはいかなるものか?
その頃はまるで見当もつきませんでしたが、しょうがパンの坊やとはGingerbread manの直訳でつまりジンジャーブレッドのことだったのですね。
ショウガやスパイスの入ったケーキだけでなくクッキーのこともジンジャーブレッドと言う場合があるようです。


今日のピックアップ: ショウガの砂糖漬けを入れたのはロミさんのジャムのビン。

|

July 19, 2003

メッセージをありがとうございます。


ご感想を送ってくださった皆さま、ありがとうございました。
いただいたメッセージにお返事を。

◇Emiさん

ソルダムって何だろう???って思って調べたら、すもも、なんですね。新しい事を知った日は、なんだかちょっと嬉しいです。

そうです。すもも、プラムの一種。外が緑色で中がルビー色の、比較的甘いプラムです。大好きなのです。

◇あきとまさん

私もユーハイムのパンは大好き。特にあのバゲット!買ってその場で食べたカスクートも絶品でした。でも、バゲットをうちまで持って帰るとしかも、それを夕食なんかに食べるとやっぱりバゲットの命は短いなあと感じてしまいます。先日は、いちじくのデニッシュがあり、すかさずゲット!下にベリー系のジャムとクリームがあり、もう幸せ!!キャラメルバナーヌは赤坂ペルティエのが美味しかった

バゲットの命。ユーハイムやペルティエは比較的長いほうだと思いますが、そうですね。特にこの季節のバゲットは湿気を吸いやすいですから焼き戻しが必要になることもありますね。
バゲットの命より儚いのがデニッシュの命かもしれません。ユーハイムのあの素敵なデニッシュはまだ連れて帰ることができないでいるわたしです。

◇ともさん

昨日中学高校時代の友人を誘って、VIRONのプティ・デジュネをいただいてまいりました。バケットレトロドールとクロワッサンの美味しかったこと!友人も大絶賛していました。店員さんがバケットを切るのに使っていた珍しい器具も間近で見せてくださって、サービス満点のお店でした。6種のミオジャムももちろん美味だったのですが、シェフ特製のチョコレートクリームが最高!買って帰りたかったのですが、売り物ではないと言われちょっと残念。。でも本当に至福のひとときを過ごすことができました。職場も近いので、またちょくちょく訪れようと思います。

バゲットを切る器具はVIRON名物ですね。皆さんが話題にされているようです。
パティシエの手作りチョコクリームは日持ちがしないので販売をされていないそうです。ケーキに使うようなデリケートなものなのでしょう。美味しいですよね。
職場の近くに美味しいパン屋さんがあると言うのは素敵!

|

幸運な日。カレンツシシリアーノと桃


昨日、カレンツの甘く濃縮された風味が美味しいパンをいただいた。
早い時間に買いに行くと「良かったら食べてみてください」と言って
試食パンをおまけしてくれることがあるリスドォルミツで。
カレンツシシリアーノ。この次はこのパンを買おう。

今日、果物屋さんで白桃が安かったので買ったら、
わたしの大好きなソルダムをおまけしてくれた。それも一山。
最近ラッキーかも、と思ったものの、桃はすこし硬く未熟でした。
そんな時には、シロップ煮。つめたくしていただきます。

|

July 18, 2003

平日のパンケーキとコンビニメロンパン考


週末でもないのにパンケーキを作ろうと思ったのは何故だろう?
それは昨日とおとといの夫の朝食のパンのせいかもしれない。

月曜日。クリームメロンパン(細長いメロンパンに白いクリーム)
火曜日。白桃メロンパン(薄桃色のメロンパンに桃のクリーム)

パン以外はわたしと同じなのだけれど。
何かのついでにひとつ買っておいたのを、嬉しそうに食べている彼。

お皿の真ん中に大きなコンビニメロンパンがひとつ
居心地悪そうにしている(ように見える。)

それに何かをあわせようと思うと途方に暮れる。
果物の名前はついているけれど果物と合わない不思議なたべもの。
それはちょっとシュールな朝食風景。

コンビニパンは運転しながら食べるのが似合う。
またはガードレールや防波堤や階段や公園のベンチに腰掛けて
お腹空いたね〜と言って袋のところを手に持ちながら頬張り、
お日様の下で陽気に食べるのが似合う、とわたしは勝手に思う。

それは朝ごはんのお皿ではなくて。

ひとは時々、柔らかくてあまいものが食べたくなる。
いつもと違ったって、何を食べたっていい。
大人の食に規則は存在しない。

でも、だから、今朝はバナナのパンケーキを作りました。
カボチャとシナモン入りで、これだってちょっとカワッテイルでしょう?
と、パンケーキ(と夫)にポーズをとらせる。

それはいいけど、早く、撮るなら撮って!

そうだった、時間を忘れていました。
作るのに+15分、食べるのには+3分(対コンビニ比)
でも楽しい18分だったよ。

水曜日。これで朝のコンビニメロンパンは打止めです。



今日のピックアップ: パンケーキ、パンケーキ!

|

July 17, 2003

ロマンチックなハチミツ


北海道の原生林に自生するアカシアの花から採れたハチミツ。
アカシアはそこで7月上旬くらいまで「ロマンチックな甘い芳香を漂わせている」のだそうです。

ロマンチック・・・
前はなにか照れくさい言葉だと思っていましたが、最近は結構好きな言葉。

アカシアの蜜はハチミツの中でも最も淡白で上品、癖がないそうです。
先日の試食会で美味しかったミッレフィオーリとは対照的にサラサラと淡い感じでした。
上質なメープルシロップみたいに。
バタートーストにもよく馴染みそうです。

ロマンチックな朝ごはんでも研究してみましょうか。

|

July 16, 2003

今日の朝ごはん


ピーナツきなこクリームとハチミツとバナナの
トースト。

綺麗な色の旬のソルダム(大好き!)にチェリープリザーヴをひと匙入れた
ヨーグルト。

いつものグリーンジュースに、昨日作ったサラダの残りのルッコラを入れたら、飲む時ふわっと胡麻の香りがしたので、ちょっと驚きました。
そのまま食べるより風味が濃くなったようです。

|

July 15, 2003

A Z U K I


ちょっと肌寒い日に食べるユーハイムのAZUKI。
美味しく炊けている小豆と香ばしいクラストで、なんとなく浪花屋さんの鯛焼きを思い出してしまいました。

雨模様の日曜日。テレビもラジオも切り、静かに集中して仕事の日でした。

━━━━━━……‥‥・・・・・・‥‥……━━━━━━
メッセージにお返事。

◇haoさん

はじめまして。もしかして4つ並んでいる食パンはダンディゾンのものでは?こぶりでかわいらしいですよね。なんて書いていて全然違っていたらごめんなさい。これからも素敵なパン情報楽しみにしています。がんばってください!!

ビンゴ♪
haoさん、はじめまして。そうです。ダンディゾンの食パンです。召し上がったこと、ありますか。甘いような良い香りがするのですよね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

|

July 14, 2003

【最高級天然酵母パン専門店】ルセットの本


「一斤2600円の最高級パンが数分で売り切れるのはなぜか?」
あの最高級天然酵母パン専門店ルセットの田中さんがビジネス書を出版されました。

『ネットのパン屋で成功しました』 田中明子著 筑摩書房

先日こみやまさんの日記でも紹介されていましたね。

既存のパン屋さんを手本とせず誕生した、まったく新しい、日常食でないパンの店。世の中の流れを汲み取りながらも影響されず、こだわりを持ち続けることは大変なことです。その成功の裏には失敗もいくつかあるし、そのスウィートなパンや華奢な彼女からは一見想像できない苦労と人並みならぬ努力がありました。パン屋さんに限らず将来起業したいと思う方にとっても参考になるヒントが詰まっている本です。

今月、わたしもパン屋さんとインターネットについての講演をするので、ちょうど田中さんにも取材させていただいていたところでした。この本はまさにタイムリーな内容。
「講演ですか、ドキドキですね!」と言ってわたしを緊張させておきながら、インタビューに答え助言もしてくださった田中さん。仕事に対する厳しくまっすぐな姿勢と細やかな心くばり。彼女と話す時にいつも感じるこの魅力は、まさにビジネスをするひとの持つべき資質かもしれません。

今日のピックアップ: リテイルベーカリーの皆さま向けの講演(無料)をいたします。

|

July 13, 2003

☆メッセージをありがとうございます☆


最近買った四角いお皿は面白い。
小皿を置いて立体感を出しても良いし
そのままわざと平面的に使うのも。
ワンプレートメニュー考案中に可愛い構図をおもいついたけれど、
これではね・・・。

━━━━━━……‥‥・・・・・・‥‥……━━━━━━

皆さまからいただいたメッセージにお返事を。

WEB素材 浅野さん

あら偶然。私も、昨日「いちじくのタルト」食べたんです。家から、車でちょっと走ったところにあるケーキ屋さんのイートインで。
以前は実家にイチジクの木がありまして「食べ飽きた!もういらない」だったのに、なぜか外でこうやってイチジクのお菓子を食べると美味しい。なんで?^^;


散歩する道にイチジクの木があります。今は緑色。庭に果物の木があるというのは良いものですね。憧れます。イチジクのお菓子って昔はあまりなかったと思いませんか。わたしは生もドライも大好きです。

◇ポルコさん

はじめまして。VIRON情報ありがとうございます。N氏とはル・スティル社の社長のことでしょうか?だとすると、わたしの古くからの友人なのです。応援したいと書いていただき我がことのように嬉しく思います。わたしもレトロドールを食べに行きたいのですが、関西なのでなかなか・・・でも近いうちにきっと!と思っています。

はじめまして。VIRONの取材記事UPしましたよ。そう、N氏はその通りです。ご友人でしたか!記事にもインタヴューを掲載させていただきました。東京にお越しの際にはぜひ♪ですね。

◇Baker's dozen Jiuさん

あは!同じ日にアップしていたなんてっ!今見てとてもびっくりしたので、ビックリ記念にここに書いて見ようかしら・・。また行きましょうね。

ビックリ記念Thanks!
またぜひ美味しい時間と笑い話と結構マジメなパンの話をご一緒させてください。

|

July 12, 2003

2日目のプティ・デジュネ


美味しい本を読みました。
『2日目のプティ・デジュネ』
堀井和子著(ベストセラーズ)

2年前ですが、堀井和子さんのパンの本〜自分の「好き」に忠実なスタイルの魅力という記事を書きました。

今までも堀井さんのレシピと旅の話からたくさんの楽しみをもらいました。

この本はフランスを中心にした旅の食べもののお話です。
1日目はとりあえず空港そばのホテルに泊まり、朝食も簡単にすませるけれど、2日目から本当の旅が始まり、朝食も好みのものを庭やテラスでゆっくりいただく、ということで2日目のプティ・デジュネ。

自分らしいこだわりを持って、頑固になりすぎず好きなものを追求したいといつも思います。
また、朝食のための旅がしたくなりました。

今日のピックアップ: ところで渋谷のVIRONのプティ・デジュネはいかがでしょう?

|

July 11, 2003

うまいもんドットコムの試食会


産直品ガイド萩原さんの主宰する
うまいもんドットコムのイベントMercatino a EBISUに行きました。

食には結構保守的なわたしも、見島牛だとか椰子蟹だとかを体験し、
いつもと別人?のように数種のワインを年代別に飲み比べなどして
産直グルメを愉しみましたwith RAJの皆さま+黒田夫妻(キッチン+ホームメイドクッキングガイド)。

巨大なフォカッチャはこの試食会のためにレストランに焼いてもらったものだそう。

一番面白かったのがエイリアンみたいだったけれど、勇気を出して食べて良かった椰子蟹。ココナツやトロピカルフルーツだけ食べて育つので甘い香りがするとか・・・そして凶暴で危険な蟹。

それからパンの友達、チーズとワインとハチミツとジャム。
なかでもとても美味しいと思ったのをあげてみます。
これらはとても覚えられない名前なので手元の資料を見ながら書きます。

5年物のパルミジャーノレッジャーノリゼルヴァ

ブリアサヴァランとハチミツ
イタリア世界ハチミツ品評会4年連続金賞のミッレフィオーリ(野に咲く花)

シャウルス(白カビチーズ)の熟成したものとしていないものの食べ比べ

シチリア産サンジュリアーノマーマレード
ノバクレモンティーヌ(金柑みたいな果物だそう)

そしてワインはバローロ 
ラベッラ'98、レグレテ'98

ヴィーノノービレディモンテプリチアーノ
リゼルヴァ'95 '96 '97

とても珍しいものたちを、美味しいものを熟知しているひとの手から勧められ、話を聞き、ひとくち味わってみる、とても贅沢な経験で陽気な一夜でした。

今日のピックアップ: うまいもんドットコム

|

July 10, 2003

Dean&Delucaで昼食

S u r p r i s e !
驚きました。ラーメンガイドの大崎さんの日記で出された、先日わたしが食べたラーメンあてクイズ。ラーメン通の方々にいとも簡単に当てられてしまいました。ドキドキしますね。さすがチャンピオン。

今日はDean&Delucaで大きな窓側の席で友人とお昼。天井が高いところが好きです。

少なめパスタに多めのソース。BC*アスタリスクもそうでしたが、パンと一緒にいただくときはこのくらいがちょうど良いようです。

その後EPOCA THE SHOPに寄って、ユーハイムでパンを買ってといういつものコース。
銀座まで歩くこともあるけれど、今日は仕事を残してきていたので残念ながら直帰。

Dean&Delucaに置かれているパンの日替わりメニューを教えて頂きました。
これは今週のメールマガジンでお知らせしますね。購読されていない方も今なら間に合いますのでよろしかったらどうぞ。

ユーハイムでは丸ノ内カレーなるカレーライス弁当が本日発売とのこと。
わたしは最近ユーハイムで白いパン・・・エーデルブロートを買います。そしてもちろんバゲットも。

|

July 09, 2003

お掃除犬


これからの季節は特に、すぐ食べないパンは切って密封冷凍します。
床にこぼれてしまったパン屑は、犬達が頬髭でお掃除してくれます。

7月7日。豆頬髭犬(ミニチュアシュナウザー♀)7歳のマフィンと7ヶ月のグレイス。

|

July 08, 2003

日曜日のラーメン


たまにはパン以外の話も。

お昼にゴマだれの冷やし中華そばを食べようと思ったけれど、肌寒かったので温かいおそばに。
ラーメンガイドの大崎さんはきっと、このラーメンも召し上がったことがおありなのだろうな。(笑)

曇りの日曜日。
その後、空いている首都高で遠くまで買物に行きました。
なんとなくシュールな埋立地のアウトレットモール。
特に収穫はなかったけれど、日常を脱出してきました。

|

July 07, 2003

イチジクとグレープフルーツのタルト


朝からずっと家で仕事している日、犬達はそれぞれの居場所で日がな一日、寝て過ごしています。
夕方、欠伸と共にわたしがソファに倒れこむと、その気配を察知した2頭はトコトコ寄ってきて、ソファに前足をかけて散歩の催促をします。仕事中は一度も邪魔しないくせに。

(それは絶対に断れないお願いです。犬たちはただ、トイレに行きたいだけなのですから。)

休ませてくれよぅ・・・
と思いながら仕方なく出かける夕方の散歩は、それでも結構疲れを癒してくれる時間かもしれません。

昨夜のお土産、お気に入りのソワメームのケーキ。
何を選んでも美味しくて、プロの技でありながら家庭的な味、といつも思います。きっととても良いものを使って作られているのだろうな。

|

たまねぎの平パン


今日のお昼はダンディゾンのオニョン(oignon)。チーズにサラダ。タマネギが苦手でも、これなら大丈夫です。

陽射しの照りつける通りから、店に降りていくと、ひんやりとした空気に包まれます。
なんだか片隅に椅子を置いて読書でもしたい気持になってしまいました。
静かで涼しくて落ち着けるから。そしていい匂い!

新作パンが出ていました。
カラメリゼしたブリックに替わり、アーモンドのレリダ、
金柑に替わり、イチジクのジャムのパン。

レッドカラントやグーズベリーの鉢を売る店、骨董のお店、ちいさなレストランなど
このあたりは面白そうなお店がいくつもあるので、今度ゆっくり歩いてみようと思いました。

━━━━━━……‥‥・・・・・・‥‥……━━━━━━

皆さまからいただいたメッセージにお返事を。

◇mi_waさん

初めまして。毎日楽しみにパンの日記を拝見しております!!私もVIRONのパン、すっごく好きで、ブラッスリーのOPENの日にかけつけちゃいました。たぶん…MIHOKOさんかなぁ? と思われる方がいらっしゃって、勝手に感激しておりました(笑)。東京のパンをめぐる環境がここ2年くらいで一気に素晴らしいものになって、本当に嬉しいです。今後も、どんなお店が出来て私たちを楽しませてくれるかワクワクしています。

初めまして、mi_waさん。どうもありがとうございます。そうですね。東京はすごく・・・なんていうか・・・本当に。美味しいパンが、いつか日本中に広がっていってほしいと今、とても思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

◇射手座さん

たまご色のカステラ!なんて素敵な響きでしょう。中目黒川沿いに福砂屋さんの工場があって、いつも甘い匂いが漂っていますね。
ところで子供の頃映画館の売店でサンドイッチを買ってもらった覚えがあります。ちょっと乾きかけたパンに薄いハムときゅうり。あまり上等でないバターがいつまでも舌に残って、決して美味しいものではなかったのに、なぜかなつかしく思い出したのは、東急文化会館閉館のニュースを見たからでしょうか。


カステラ工場、しかも福砂屋さんなんて、素敵ですね。見学してみたい。
ロウでできたサンプルのようにきっちりと小さく作られたサンドウィッチをわたしは「劇場のサンドウィッチ」と呼んでいます。(笑)
東急文化会館閉館のニュースは多くの人の心に寂しさをもたらしたようですね。47年の歴史ですもの!
渋谷もどんどん変わっていくのですね。

◇okaokaさん

こんにちは。メッセージそして美味しい情報をありがとうございました。
N氏とお話されましたか。わたしもokaokaさんのおっしゃるように、パッションを感じました。素晴らしい志を持たれた方だと思いました。わたしの力など小さなものですが、応援させていただきたいと思いました。

あのレトロドールを切断する道具の音(bambambam!)もランチタイムに体験しました。まだまだ知らない遊び心あるパリのパン生活のスタイルをやってくれるようで楽しみなんです。あのピラミッド包装にしてもドゥミ・セックの焼きたてばら売りにしても、心が弾みます。それでは来週のレポート楽しみにしていますね。


わたしもあの道具は初めて見ました。bambambam!でしたね!


★VIRONのことでメッセージをたくさんいただきました。全部ご紹介できずすみません。
記事はもうすぐご紹介できると思います。少々お待ちくださいね。
どうもありがとうございました。


今日のピックアップ: Dans Dix ans

|

July 05, 2003

たまご色のカステラ


豪華キャスト、ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープの映画「めぐりあう時間たち」を観に行く。買って行ったサンドウィッチがあまり美味しくなかったのは、暗闇の中で観ながら食べようなんて考えを起こしたから?というより映画に出てくる食べものがどれも哀しい感じだったからかもしれない。

ヘヴィな映画だったけれど、観て良かったです。そしてこれからはビデオばかり観ていないでもうすこし映画館で観るべきだと思いました。

実は映画なんて観ている場合ではないはず・・・なので、今日は密度の濃い時間を持つことができました。時間の過ぎ方というのは本当に不思議。結構引き伸ばすことが可能なのかも。

今日は今から三百七十余年前に創業した老舗、福砂屋のカステラをいただきました。
しっとりと濃いたまご色でとびきり美味しいカステラでした。



今日のピックアップ: カステラの福砂屋

|

July 04, 2003

蜂を魅了する人 蜜に魅了される人


いただきもののレアホワイトハニーというハワイの蜂蜜を開ける。
小さな壜はリップクリームみたい。唇に塗ってみたくなる。

先日業界紙(パンニュース紙)に米国蜂蜜協会の記事が載っていました。
ミツバチはたった45日という短い生涯で小匙12分の1杯の蜂蜜しか作ることができないのだそうです。
このため養蜂家たちはミツバチにとても愛情を注ぐといいます。

今日食べたスプーン一杯の蜂蜜は、12匹の蜜蜂と養蜂家のコラボレート作品?
蜂蜜が高価なのも頷けます。

そして蜂蜜をパンに塗りながらなんとなく、映画「フライドグリーントマト」に出てきたBee Charmer(蜂にさされない人)のことを思い出しました。

蜂蜜について回想し始めると、止まらなくなるようです。

|

July 03, 2003

ブラッスリーのOPENと屋上カフェ


29日の日記に書いたVIRONに取材。2階のブラッスリーが今日OPENしたということもあったけれど、こんなにすぐ駆けつけてしまったのは、パンが美味しかったから、そしてそれ以上に昨日少しだけ伺った社長のお話がとても興味深かったからでした。(詳細は来週予定している記事にて。)

今日は良い取材ができたように思います。
その後、取材が重なった東京カレンダー誌の編集者と撮影に使ったプティデジュネをいただきました。(本日2度目の朝食?)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VIRONを出て、突然思いたって雑居ビル屋上のカフェへ。
(考えた末、豆腐とチキンのキッシュと野菜を注文。よく働きよく食べる一日です。)

原稿の下書きを始めたらいつしか真剣に日本のパンの未来を想っていました。
わたしのチカラは僅かなものかもしれないけれど。

雨の渋谷の屋上はゆっくり考え事をするのにいい、しずかで不思議な空間。
駅についたら雨が上がっていました。

|

July 02, 2003

特製グリーンジュース


随分前からずっと続けている朝ごはんの前のジュース。

青汁は医者に勧められてもやはりのめなかったけれど
(第一、名前からして苦手。)
これは匂いやえぐみがなくてのめるのです。
小松菜とキウイとレモンとりんごと氷水だけで
アサメシマエにできるのです。

そうして朝ごはんが始まります。



今日のピックアップ: ところでパン屋さんで一緒に買えたらいいなと思うものは・・・

|

July 01, 2003

渋谷最新パン屋さんと青山最新建築


渋谷にできたフレンチスタイルのパン屋さんヴィロン(Boulangerie Patisserie BRASSERIE VIRON。)でお昼にカスクルート(バゲットのサンドウィッチ)を買いました。

フランス小麦を使ったバゲットの美味しかったこと!
ハードなので顎を使いますが、求めていた味でした。
外国に行かなくても、こういうパンが日本で普通に手に入るようになって、日常の選択肢に入れられるようになるとしたら、それは単純に素晴らしい。

その後は青山某所に豆頬髭犬達を連れて行き、カフェをハシゴしながらいつもの界隈を散歩。
涼しかったので夕方近くまでのんびりしました。

南青山には興味深い建築物がたくさんあり、それを見学するように歩くのが楽しいのですが、中でも新しくできたPRADAは巨大なシャボン玉のかたまりみたいな、レンズみたいな・・・

なんて言ったら良いでしょう!

我が家の豆頬髭犬達もPRADAのファサードに驚いて見惚れていました。建物を撮影する人も多く、そこにいた犬を一緒に撮って行かれた方も。(笑)

もうすぐ本格的な夏。この次は犬と水のボトルとパンは抜きで、ハンドバッグを持ってお買物のためだけに出かけたいものです。

|

« June 2003 | Main | August 2003 »